産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

中国の書物の歴史についての研究

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
印刷術の発明は、8世紀の中国にさかのぼります。それ以降、世界中に、紙の技術とともに印刷文化は広がっていきました。こうした中国の書物(漢籍)がどのように日本や琉球に伝来し、受容されていったのかについて研究を行っています。
(主な内容)
1)中国の書物の歴史について解説した簡単な書物を日本語に翻訳しています。2)玉里島津家に伝来した漢籍や琉球に伝来した漢籍について、書誌学的調査を行い、目録を出版しています。高津孝訳『中国の書物と印刷』日本エディタースクール出版部1999年12月高津孝編『玉里文庫漢籍分類目録』鹿児島大学附属図書館1994年3月高津孝・榮野川敦編『増補琉球関係漢籍目録』鹿児島大学法文学部2005年3月
(期待される効果・応用分野)
中国の書籍(漢籍)の流通、拡散、所蔵、受容を研究することにより、中国の文化がどのように日本や世界各地に伝播し、受容されていったのかが明らかになります。この研究は、過去の日本人や世界の人々が異文化をどのように受け入れて行ったかが分かる、異文化接触の歴史を紐解くことにもつながります。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●未整理の漢籍についての書誌的調査、目録作成に協力することが可能です。●書籍文化の様々な面について、薩摩、琉球をフィールドとした調査結果に基づいて解説を行えます。
(コーディネータから一言)
最古の印刷物である中国の書籍が、日本や琉球に伝来し、受容されたかの経緯を研究。漢籍についての調査協力や、薩摩・琉球の書籍における異文化接触の歴史等の解説、講演等が可能です。
(研究分野)
中国文学 宋代文学 中国書誌学
(キーワード)
中国文学 中国文学批評 印刷術 書誌学 書物の歴史

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • HTLV-1で発症する神経疾患HAMの治療法開発

    HTLV-1で発症する神経疾患HAMの治療法開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) HTLV-1は主にヒトのリンパ球に感染するウイルスで、生涯感染が持続します。世界に数千万人、日本には約108万人の感染者が存在し、そのうち約20万人は鹿児島県にいます。このウイルスに感染した人の一部に成人T細胞白血病(ATL)や神経難病であるHTLV-1関連脊髄症(HAM)が発症しますが、未だに根治療法はありません。私たちは、HTLV-1感染症ならびにHAMの病態解明と治療法の開発を目指しています。 (主な内容) 1.HTLV-1感染細胞特異的分子を標的とした治療法開発...

  • 血清中の特異抗体を検出する微生物感染症診断キットの開発

    血清中の特異抗体を検出する微生物感染症診断キットの開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 実験動物など動物を集団で飼育する際には、感染症の流行を防ぐために集団内の感染症の定期的な診断が重要です。感染後の動物の血清中には、病原体を構成するタンパク質に結合する特異的な抗体が現れるので、これを検出することによって感染を診断することが出来ます。私たちは診断に病原体そのものでなく、抗体が認識する特定領域(エピトープ)を同定して利用することを提案しています。合成したエピトープペプチドを用いることで、高感度で安価な診断キットの開発が可能になります。 (主な内容) ペプ...

  • あまみの生活習慣病予防と長寿に関する研究

    あまみの生活習慣病予防と長寿に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 鹿児島県のあまみ島しょ地域は長寿者の割合が高いことで有名ですが、中高年世代では生活習慣病が増加しています。島は医療資源が限られていることもあり、生活習慣病予防の重要性が高まっています。その一方、長寿地域あまみには生活習慣病予防に有益な環境要因や体質が存在する可能性があり、学術的にも興味ある地域です。私達はあまみ島しょ地域をフィールドとして、生活習慣病予防に関する生活習慣や体質を明らかにするための分子疫学研究を、全国の9施設と共同で行っています。 (主な内容) 分子疫学研...

利用登録
する