産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

下痢原性大腸菌の病原因子と薬剤耐性遺伝子

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
現在、病院の細菌検査室や臨床検査センターで行われる下痢原性大腸菌の検査は、O抗原型の検査に限られます。しかしO157など特定の型以外のO抗原型は病原性と直接の関連はなく、常在菌である病原性のない大腸菌も多いため、ほとんどが無意味な報告になっています。また下痢原性大腸菌の種類は多岐にわたり、最近では薬剤耐性菌(*)も増えています。私たちは臨床検査でのこうした問題を解決するために、下痢症患者から分離された大腸菌の病原因子や薬剤耐性について研究を進めています。
(主な内容)
*薬剤耐性菌:薬剤に対して抵抗力を持ち、抗生物質が効きにくくなった菌1.下痢症患児から分離される大腸菌約5000株をPCRという遺伝子検査で検討した結果、約4%が下痢原性大腸菌のさまざまな病原遺伝子を保有していること、特に腸管凝集性大腸菌(EAEC)と腸管病原性大腸菌(EPEC)の頻度が高いことが明らかになりました。2.病原因子が明らかな下痢原性大腸菌のO抗原型はさまざまで、O抗原型が不明のものも多くみられました。一方、O抗原型が陽性でもほとんどの大腸菌は病原因子を保有していませんでした。3.検出された全大腸菌の約2%はESBL(基質拡張型βラクタマーゼ)を産生する薬剤耐性菌であり、特に腸管凝集性大腸菌(EAEC)では28%に上ることがわかりました。マルチプレックスPCRとリアルタイムPCRによる病原・耐性遺伝子の網羅的検出
(期待される効果・応用分野)
安価で簡便な大腸菌の病原因子と耐性遺伝子の検査法の確立本研究により、大腸菌の病原因子とO抗原型はほぼ無関係であること、病原因子そのものを調べることで病原性のある大腸菌なのか、病原性のない常在菌なのか判断できることが明らかになりました。大腸菌の病原因子を迅速に検査できれば、現在混乱している検査報告の問題点を解決でき、診断・治療に有益な情報となります。また最近増加しているESBL(基質拡張型βラクタマーゼ)産生菌についても、薬剤耐性遺伝子を検査することで薬剤感受性試験(*)を行う前に迅速な報告が可能となります。*薬剤感受性試験:ある細菌(微生物)に対して、ある薬剤が効く(感受性)か、効かない(耐性)かを判断する検査
(共同研究・特許などアピールポイント)
●細菌検査関連の会社や臨床検査センターなど医療関連の会社との共同研究が可能です。●大腸菌の分子疫学研究や病原メカニズムの研究の他に、MRSA、インフルエンザ菌、バルトネラなど臨床で重要な細菌について研究を行っています。
(コーディネータから一言)
O抗原型の大腸菌検査が病原性と関連が薄い点に着目。病原遺伝子そのものを調べ、臨床に役立つ検査方法を提案します。実用化に向けて、より安価で簡便な手法を共同研究できる検査会社等のパートナーを求めています。
(研究分野)
臨床細菌学 感染症学 感染制御学
(キーワード)
細菌検査 下痢原性大腸菌 病原性大腸菌 感染制御 臨床検査 病原因子 薬剤耐性

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 新発見「分子スイッチ」予測による新薬開発法の提案

    新発見「分子スイッチ」予測による新薬開発法の提案

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 感染症は人類を死に至らしめる最大の原因となっていますが、抗ウイルス剤が開発されているウイルスは少ないのが現状です。私たちはC型肝炎ウイルス(HCV)とB型肝炎ウイルス(HBV)に対する化合物スクリーニングの過程で、核酸アナログの糖にフッ素を付加することで2つのウイルスの増殖を抑制できる薬剤を見出しました。異なる複製様式を示すHCVとHBV、両方に有効な薬剤は存在し得ないのが従来の常識でした。複製様式の壁を超える新しい抗ウイルス剤の開発を目指しています (主な内容) ・抗...

  • 小児乳歯脱落歯や抜去歯を用いる内部被曝線量測定法の開発

    小児乳歯脱落歯や抜去歯を用いる内部被曝線量測定法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 2011年の東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の原発事故で、大量の放射線が漏れ周辺住民が被曝しました。その外部測定線量分布については様々な報告がされていますが、内部被曝の線量測定は難しいため、放射線被曝状況についての情報等は少なく、特に小児における放射線被曝・汚染状況に関する情報はほとんどありません。本研究は福島県在住の小児脱落歯及び抜去歯のCO2ラジカル(*)をESR(*)で測定することにより、内部被曝の線量を測定することを目的としています。 (主な内容)...

  • 宇宙放射線と微小重力の神経細胞への影響(宇宙実験)

    宇宙放射線と微小重力の神経細胞への影響(宇宙実験)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 宇宙空間は強烈な宇宙放射線が飛び交い、重力も微小です。宇宙での長期滞在は人体にどんな影響を及ぼすのか。我々はヒトの神経細胞(Neuron)への宇宙放射線(Space Radiation)の影響を、遺伝子レベルで検証することを目的に研究を進めてきました。Neuro Rad実験といいます。2010年4月、ディスカバリーに搭載されたヒトの神経細胞は、国際宇宙ステーション(ISS)の実験棟『きぼう』で培養され、5月に回収、無事帰還しました。現在、回収されたサンプルについて解析中...

利用登録
する