産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

光と無線技術の融合で家庭をネットワーク化する

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
光や無線のアクセス網は一般に広く浸透し、一般ユーザが家庭内で100Mb/s超のデータを扱うようになってきました。今後はブロードバンドでユビキタス(*)なホームネットワークやLANを構築し、さらに利便性を増すことが求められてきます。そのためには、家庭やオフィスの中で光ネットワークと無線ネットワークを適材適所に配置することが必要です。この研究では上記に加えて、機器の低消費電力化などによるエコの推進も図ります。
(主な内容)
*どこでも使えるホームネットワークの高スループット化(*)や応用分野の開拓を行います。通信データ量の少ないセンサや白物家電も接続していくことで、家庭やオフィスのネットワークの利便性を高めます。*単位時間あたりのデータ転送量例)・無線ネットワークのアーキテクチャや変調・符号及びセンサデバイスの低消費電力化→無線インタフェースの低消費電力を図ります。・高速光ファイバ無線ネットワーク→サーバアクセスポイント間を光ファイバ無線(RadioonFiber,RoF)技術で接続し、双方の設備を簡素化します。目標は外部電源不要の無線アクセスポイントです!→IPと高周波無線信号が1本の光ファイバの中で共存できるディジタルRoFの研究を進めます。・センサ間の自律ネットワーク化とその応用の開拓(健康、環境、防犯等)→センサやデバイスに自律的でフレキシブルなネットワークを構築させ、それによってもたらせれる応用を提案します。センサPCTVホームサーバセンサ白物家電
(期待される効果・応用分野)
・ホームネットワークやLANの効率的な運用に寄与します。・従来ネットワークに接続されていなかった家電や機器などのデバイスを接続することで、ネットワークの付加価値を高め、生活空間やオフィスの利便性が向上できます。・ホームネットワークやLANだけでなく、交通機関など多様な空間に展開できる情報通信技術を研究開発します。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●新規に立上げ中の研究プロジェクトです。タイムリーに学会発表、特許取得を進めていきます。●高精度の光学機器や医療機器の開発に結び付くイメージングの研究も行っています。●得意分野の技術を出し合い、効率的に研究開発を進めていけるパートナーを募集します。
(コーディネータから一言)
光・無線通信やセンシング技術を用い設備の簡素化、省電力化を可能にします。ネットワークシステムや機器の開発に協力できます。イメージング分野では精緻な画像を再現するため、芸術系専門家の協力も希望しています。
(研究分野)
ネットワーク 近距離通信 変復調 通信デバイス
(キーワード)
ネットワーク 光通信 無線通信 ホームネットワーク LAN エコ イメージング

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 具象絵画のしくみ

    具象絵画のしくみ

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 具象絵画は美術分野において古くから存在します。近年の多種多様な表現方法が見られる現代アートにおいても、具象的表現を用いた絵画を頻繁に目にすることができます。しかしながら、学校教育を筆頭に、具象絵画を表現するための「描き方」についてはあまり教えていないのが現状です。具象絵画の「描き方」を理論的に学ぶことで、絵画制作に役立つだけではなく、絵画を鑑賞する際の一助となることを目ざします。 (主な内容) 研究している主な描画材・油彩・テンペラ・アクリル・水彩絵画描画法の研究・各描...

  • 地域活性化につながる建築の保存再生の研究

    地域活性化につながる建築の保存再生の研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) まちには沢山の建築があります。個々の建築が美しいこと、まちなみとして魅力あることが、街を活性化します。社会ストックとして建築を末永く使い続けるためには、設計が時間に耐えうる思想で創られていること、時を経た建築の価値(インティグリティ:一貫した統一性)を継承して再生することが求められます。古いまちなみは保存再生により、オリジナリティあるまちに生き返ります。多様性・連続性・密度のある、歩いて楽しいまちづくりに必要な、建築設計とまちづくりを目指します。 (主な内容) 近現代建...

  • 睡眠時無呼吸症候群の原因部位の特定システムの開発

    睡眠時無呼吸症候群の原因部位の特定システムの開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は上気道の通気障害が原因とされるものの、現在行われている内視鏡、エックス線写真、CT、MRIなどの形態評価だけでは、上気道の形態が複雑なため、原因となる障害部位の特定は困難とされ、その特定方法が待ち望まれています。そこで私どもが開発した上気道流体シミュレーションを用いて上気道通気状態の評価と通気障害部位の特定を可能にしてOSASの治療成績向上に役立てることを目的としています。 (主な内容) out(Iwasakietal.AJODO2...

利用登録
する