産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

ディーゼル燃料としての動・植物油およびバイオアルコールの利用

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
動・植物油から製造されるバイオディーゼル燃料(BDF)の活用、および種々の有機物から発酵により製造されるバイオアルコールをディーゼル燃料として利活用することが本研究の目的です。BDFやバイオアルコールはライフサイクルCO2削減に寄与できる含酸素燃料であり、排ガスをクリーンにします。現在、BDFとしては、パーム油、ココナッツ油、ヒマワリ油、およびそれらの廃食用油を原料にした燃料を、バイオアルコールとしては、バイオブタノールを研究対象としています。
(主な内容)
事例:1パーム油BDFの流動点改善BDF製造に高炭素数アルコールを用いて改善・ブタノールを用いてBDF(ブチルエステル、イソブチルエステル)を製造することで、流動点を40℃まで下げることが出来るBDF製造に用いるアルコールパーム油BDF流動点Cメタノールメチルエステル(通常のBDF)14.0エタノールエチルエステル8.01-プロパノールプロピルエステル6.01-ブタノールブチルエステル4.02軽油に1-ブタノールを混合し、ディーゼル排ガス中の黒煙低減・ブタノールの混合割合20%で黒煙は半減する20BMEPMPa0(低負荷)150.170.34(中負荷)0.500.67(高負荷)102000rpm5黒煙(Opacity)%イソブタノールイソブチルエステル0.01-ペンタノールペンチルエステル4.0(注)流動点は1℃刻みで測定ブチルエステルやイソブチルエステルのディーゼル燃焼特性は通常のBDF(メチルエステル)とほぼ同じ0010203040501-ブタノール混合割合mass%バイオブタノール(1-,2-,イソブタノール)は種々の有機物から発酵によって製造できる
(期待される効果・応用分野)
パーム油BDFは流動点が高い(低温で凝固する)ために冬季使用は困難でしたが、ブタノールを用いて製造することで冬季使用が比較的容易になります。バイオブタノールの高効率製造法が開発されれば、バイオブタノールによる低温流動性に優れたBDF製造が可能となり、また、バイオブタノールの混合利用により排ガス中の黒煙低減が可能となります。バイオ燃料は低コスト化が課題ですが、この課題を解決することにより、低炭素・循環型社会の構築に大きく寄与することができます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●現在、主に実用化が有望なバイオ燃料を中心に研究中。廃プラスチックの分解油や難燃焼の炭化水素油等、ディーゼル燃料等への可能性があるものは研究対象にしたいと考えています。
(コーディネータから一言)
BDFとバイオブタノールを研究対象に、より高品質で環境負荷が低いディーゼル燃料を研究。実用化に向け様々な検討を行っています。今後はパームやヒマワリの品種改良等、農工連携による共同研究も希望しています。
(研究分野)
バイオ燃料 ディーゼル代替燃料
(キーワード)
バイオ燃料 バイオディーゼル燃料 ブチルエステル バイオブタノール 燃焼・排ガス特性

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 様々な組織で役立つ会計学教育

    様々な組織で役立つ会計学教育

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 会計は企業や公共団体だけでなく家庭やサークルに至るまで、世の中にある様々な組織で必要かつ重要なスキルです。一方で,会計教育となると商業高校および大学で専門的分野を提供する教育機関に所属することでしか受けられないのが実情です。トップから従業員まで、会計の基本的考え方と様々な職種や立場での利用法を身に付けることができると、組織の可能性が広がります。幅広い分野で必要とされる、会計教育の機会を提供することを目的としています。 (主な内容) 1)会計の基本的考え方身近にあり,様々...

  • アートを用いた地域活性化

    アートを用いた地域活性化

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 鹿児島大学法文学部経済情報学科井原ゼミでは、経営とアートの視点を結びつけるアート・マネジメントを実践しています。「鹿児島市ギャラリーマップ」に代表される、アートに関するイベント等を学生とともに企画・実施しアートと社会を橋渡しすることで、地域活性化を目指す研究を行っています。 (主な内容) 鹿児島の情報誌『クラウド』(2008年2月号)に紹介された井原ゼミと「天文館ギャラリーマップ」・ウェブ版「鹿児島市ギャラリーマップ」の制作(2006年2月)・ウェブ版「鹿児島市ギャラリ...

  • 光応答性をもつ円偏光有機発光材料の開発

    光応答性をもつ円偏光有機発光材料の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 3Dディスプレイや光通信、バイオセンサーなどに「円偏光技術」が応用されつつあります。円偏光の発生には偏光フィルターを必要とするため、入射光に対して透過光の強度が50%以下に落ちるのが課題です。私たちは非対称な分子構造と光応答性を有するDHP発光材料”を開発しました。開発したDHPは偏光フィルターを用いず、直接円偏光を発生させることが可能です。また微弱な光にも反応する特性を活かして、新規の光記憶材料等への応用も期待できます。円偏光:波としての光の振動が円を描いて進んでいる...

利用登録
する