産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

「変化アサガオ」の大量増殖

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
研究の背景と目的変化アサガオとは、江戸時代から伝わる珍しい葉や花形の突然変異形質を持ったアサガオの総称です。高い観賞価値を持っていますが、ほとんど不稔(種子を生じない)であるため、種子による維持増殖が非常に困難です。そのため一般に普及することは無く、一部の趣味家の努力によって、細々と維持されてきました。この研究は、変化アサガオを組織培養を利用して増殖させることに成功。新しい園芸植物として普及することを目的としています。
(主な内容)
変化アサガオは種子繁殖によって維持されてきたが・・・×種を播くと様々なアサガオが分離してくるので大量増殖は困難観賞価値が高いものは不稔で増えない。そこで・・・組織培養により大量のクローン植物体を生産
(期待される効果・応用分野)
突然変異による変化アサガオの種子繁殖は非常に困難。この研究では組織培養により、変化アサガオの苗を大量生産する技術を確立しました。この技術によって一般には見かけることがなかった変化アサガオを、観賞価値の高い新しい園芸植物として市場に提供することが期待できます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●特許第4420409号変化アサガオの効率的な増殖法発明者清水圭一、橋本文雄、坂田祐介
(コーディネータから一言)
江戸時代から伝わる変化アサガオ。突然変異による貴重な園芸植物を、組織培養により大量生産する技術です。一般に広く普及することで、新しい園芸植物としての市場価値を生むことが期待できます。
(研究分野)
花き園芸学 植物育種学 生物工学
(キーワード)
花苗 アサガオ 変化アサガオ 古典園芸植物 大量増殖

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 異方性銀ナノ粒子の形状制御と医療用検査機器への応用

    異方性銀ナノ粒子の形状制御と医療用検査機器への応用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 結晶の方位で異なる性質を持つ異方性の金属ナノ粒子は、形状に由来する特異な物性を示すため、機能性ナノ材料として電気・電子、医療などのハイテク分野での活用が期待されています。我々は棒状金属ナノ粒子を精密な形状に制御することに成功しました。この粒子には様々な生理活性物質(*)を表面修飾できるため、抗体を吸着させ疾病原因物質の検出に用いることができます。感染症や癌などの診断に応用できる、新たな機能性プローブ(*)粒子の開発とその実用技術の実現をめざしています。 (主な内容) 生...

  • 非回折ボロノイ図を用いた監視カメラ配置の研究

    非回折ボロノイ図を用いた監視カメラ配置の研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 監視カメラはスーパーなどの商業施設,学校などの公共施設,商店街や公園など人の集まる場所に設置されています.監視カメラは可能な限り死角が発生しないように配置されますが,現在の経験則に基いた配置方法では,死角の有無や死角領域の形状を求めることは極めて困難です。そこで,本研究は非回折ボロノイ図を用いて,監視カメラの死角領域を定量的に求め,死角領域が発生しない最適なカメラの配置を求める研究を行っています。 (主な内容) ボロノイ図は母点の勢力範囲で塗り分けられた図で死角領域す。...

  • 『ヘルマン・ヘッセ全集』の編集・翻訳

    『ヘルマン・ヘッセ全集』の編集・翻訳

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 『車輪の下』で有名なドイツの作家ヘルマン・ヘッセは、わが国では戦前より親しまれ、何種類もの「全集」が刊行されてきました。しかし、それらは実際には「選集」であり、しかも現在ではすべて絶版となっています。こうした状況の下、より浩瀚な『ヘッセ全集』の刊行を目指し、「ヘルマン・ヘッセ友の会・研究会」の会員として、編集・翻訳に携わっています。 (主な内容) 今回の『ヘッセ全集』には、次のような特徴があります。1『ヘルマン・ヘッセ全集』(全16巻、2007年完結)は、ヘッセの文学作...

利用登録
する