産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

加害者家族の現状と支援の在り方

  • 公開日: 2020-11-14
添付:PDFファイル

■研究の背景および目的
家族の誰かの加害行為が発覚したとき、加害行為者本人だけでなく、家族が社会から非難されてしま
うことが多々あります。さらに加害者家族は捜査機関からの事情聴取を受け、刑事裁判での証人とな
ることもあります。しかし加害者家族を支援する総合的な法制度はなく、多くの場合、家族は誰の助
けもなくこれらに対応しなければならず、精神的にも肉体的にも追い込まれているのが現状です。私
たちは加害者家族の現状について検証し、支援のあり方を探ることを目的に活動しています。
■おもな研究内容
加害者家族支援研究会での活動を通じて、研究会のメンバーとともに以下の調査研究を行っている。
1 勉強会を通じて加害者家族の現状と支援のあり方について検討
日本で初めて加害者家族支援を始めたNPO法人ワールド・オープン・ハート(WOH:仙台)の代表阿部恭子氏を顧
問に、加害者家族の現状や、阿部氏が全国で行っている加害者家族支援の実際(相談、助言活動、マスコミとの対
応など)の報告をもらい、加害者家族支援のために欠けている社会制度、刑事司法制度、社会の考え方、今後のあ
り方について検討する。勉強会はズームによる遠隔方式も併用し、全国からの参加者を募ることもできる。
2 加害者家族支援に関わる専門家ネットワークの構築
加害者家族支援の内容は、一般・法律相談、行政・福祉機関との対応、報道対応
など多岐にわたる。このために研究者のみならず弁護士、心理の専門家などが協力
して総合的に取り組むことが必要なことから、勉強会に参加した専門家有志による
ネットワークを構築する。将来的な制度提言とともに、現実的にも案件が生じたと
きに迅速な対応を提供できるようなネットワークの構築を目指す。
3 加害者家族会などを通じ、家族が直面する問題について聞き取り
鹿児島市内で、加害者家族同士が交流して本音で悩みを語り合う場を作る。
希望者には電話による相談を受け付ける。
4 社会への働きかけ
加害者家族支援の重要性をマスコミを通じて社会に働きかけ、人々の意識の変革
や法制度の策定につなげることを目指す。
■期待される効果・応用分野
2004年に犯罪被害者等基本法が成立し、被害者やその家族の権利が明記されました。被害者への支
援体制の整備が進んできたことで、加害者家族への支援も検討できる段階に入ったと言えます。加害
者家族支援の必要性に対する地域・企業・教育機関等の理解が進めば、加害者家族への差別やハラス
メントが防止され、社会的に追い詰められる加害者家族の状況を改善できます。
加害者家族の法的地位を確立し、人権に配慮できる社会を構築する一助となると考えています。
■共同研究・特許などアピールポイント
●研究会には法律の研究者、実務家、心理専門家
など、多様な専門家が参加しています。加害者家
族支援に関する多岐にわたる問題に対応できます。
●WOHへの相談の3分の1は九州からです。地域
性や地方特有の課題に対する施策も検討します。

■コーディネーターから一言
2019年、鹿児島大学に加害者家族支援研究
会を発足。法制度の策定や意識変革を地方か
ら目指す活動が新聞等でも報じられました。
講演・勉強会等で、人権や家族についての新
たな視点を提供できます。ご連絡ください。
■研究分野
人権、法律実務、刑事司法
■キーワード
加害者家族、刑事事件、刑事裁判、報道被害、再犯防止推進計画

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • Beyond5Gワイヤレス端末に活用できる銅ボール実装技術

    Beyond5Gワイヤレス端末に活用できる銅ボール実装技術

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-10-08

    技術概要 Beyond5Gワイヤレス端末に活用できる3次元実装技術として,多層基板を銅ボールで複数枚積層する構造にすることで,物理的な構造支持のみではなく,高さ方向にもミリ波信号を伝送可能な方法を提案します.銅ボールを利用することで,従来のBGA実装機などがそのまま流用可能などのメリットはありますが,リフロー時などの基板反り耐性や銅ボール位置ずれによる実装歩留まり悪化が課題でした.そこで,銅ボール搭載部の多層基板表面に, 掘りこみ構造を新設し,そのへこみ部分に銅ボールを落とし込むことでこれらの2...

  • 「読むこと」の学習指導に関する研究

    「読むこと」の学習指導に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-09-26

    研究の背景および目的 国語教育における「読むこと」を研究テーマにしています。 小・中・高の国語での発達段階に応じた学習指導方法の開発、「文学」の歴史的理論の研究と国語教育への導入経緯の検証、ドイツ語圏の国語教育との比較などに取り組んできました。 基礎学力である「読むこと」の学習指導方法の改善につながると考えています。 おもな研究内容 1.小・中・高における「読むこと」学習指導の研究 学校の「国語」では文学的文章と説明的文章を教材として「読むこと」の学習指導を行っていますが、それぞれの文章の特性を...

  • 社会とのかかわりから見たことば

    社会とのかかわりから見たことば

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-09-26

    研究の背景および目的 われわれを取り巻く社会の状況は急速に変容しています(「ポストモダン化の進行」など)が,それに呼応してことばそのもの,ことばによるコミュニケーションのあり方も大きく変わりつつあります。 つまり,ことばの変化は社会の変化の反映でもあります。しかしながら,ことばの問題は偏見や誤解にもとづいて語られることも少なくありません。ことばに現れる問題がわれわれにとって何を意味するのかを,社会やメディアの状況など周辺の要因との関連からとらえることを試みています。 ■おもな研究内容 われわれが...

利用登録
する