産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

歯科治療中の脳波・自律神経解析と音楽聴取の有用性の検討

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
歯科治療は、痛み・治療騒音・不安・緊張に起因するストレスによって、自律神経活動が急激に変動し全身偶発症を引き起こす可能性の高い医療行為です。私たちは患者さんのストレスを客観的に定量化することと、自律神経活動の急激な変動を予測することを目的に、歯科治療中の脳波と自律神経の変動をリアルタイムに測定し、解析する技術開発を行っています。また本技術を用いて、自律神経変動による全身偶発症を防ぐための歯科治療中の音楽聴取の有用性についても検討を行っています。
(主な内容)
1.患者の歯科治療時のストレスの定量化 自律神経と脳波の計測により歯科治療時のストレスを定量化することができる可能性があると考え、検討を行っています。2. 歯科治療中の自律神経変動を予測できるパラメータの探索 歯科治療時の自律神経の変動と脳波の変動をリアルタイムに計測することで、患者さんの自律神経の変動を予測するパラメータ(変動要素)の探索を行っています。3. 音楽聴取が自律神経の変動に与える影響の検討 聴覚刺激により、自律神経活動は変動します。我々は、自律神経活動の急激な変動を防ぐことを目的として、音楽聴取の有用性の検討を行っています。
(期待される効果・応用分野)
自律神経と脳波の変動を解析する当科の技術は、ストレスを評価し全身偶発症を予見する可能性があります。歯科治療中のストレス軽減および聴覚刺激の減弱を目的とする、治療機器やオーディオ機器、骨伝導利用装置の開発分野において応用可能と期待されます。当科は同意を得た患者さんで治験を行いデータ収集を続けています。個人差の大きい治療時のストレスを可視化、また音楽聴取の影響を科学的に分析する研究は独自性が高く、より良い治療環境を実現する商品開発に役立つと考えています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●国際学会、国内学会での発表、論文発表など積極的に行っています。(Yamashita et.al. InteationalSociety forAutonomicNeuroscience 2017, Nagoya, Japan )●共同研究や受託研究先を募集しています。●本研究は科学研究費の助成を受けて行っています。
(コーディネータから一言)
歯科治療時の脳波と自律神経の変動を解析する独自の技術で、ストレス評価や変動予測、音楽の有用性を研究中。治療機器や音響機器との連携を希望しています。ニーズに即した臨床データを収集可能な点も当科の強みです。
(研究分野)
歯科麻酔学 脳波 自律神経 音楽
(キーワード)
歯科治療 歯科 脳波 自律神経 心理 音楽

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • グローバル化における農産物の流通構造と産地の再編成

    グローバル化における農産物の流通構造と産地の再編成

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 1980年代後半以降、低価格の農産物の輸入増加による競争で多くの農産物産地が疲弊し、縮小・再編、衰退の一途にあります。また市場構造に目を向けると、流通チャネルの多様化による市場経由率の低下や卸売市場の統廃合が深刻化しています。TPPや高齢化等の課題も抱え、日本の農業政策は大きな転換期を迎えています。本研究では農産物の生産・流通システムの再編と卸売市場の再編に着目、生産・流通・消費の流れを把えるフードシステムなどの課題を地理学的観点から解明していきます。 (主な内容) 図...

  • ストレスによる影響を軽減するメカニズムの探索

    ストレスによる影響を軽減するメカニズムの探索

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 精神的・身体的なストレスが精神疾患症状の原因になることは明らかになっていますが、どのように症状と関わっているのか、という機序については不明なことが多く残されています。脳内の神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)は通常、鎮静的に作用しますが、ストレスを経験したマウスでは興奮を引き起こします。本研究はこの応答性の変化がストレスによるものと考え、マウスの行動解析に基づいて、ストレスの影響を軽減する薬物療法のメカニズムに迫ることを目指しています。 (主な内容) 精神的・身...

  • 東アジアの牧畜民社会における社会変化の比較研究

    東アジアの牧畜民社会における社会変化の比較研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) モンゴル高原からチベット高原に至る東アジアの内陸部では、その低温乾燥な環境条件に適応した移動牧畜(いわゆる遊牧)という生業形態が展開されていました。しかし近年、こうした牧畜民社会では、移動距離や回数が減少する移動性の低下や遊牧環境の悪化が見られ、急激な社会変化にさらされています。本研究は、こうした社会変化や環境変化をもたらした政治・経済・文化などの多岐にわたる要因を、現地での聞き取り調査を通じて総合的な視点で明らかにすることを目的とします。 (主な内容) 現在まで、研究...

利用登録
する