産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

ストレスによる影響を軽減するメカニズムの探索

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
精神的・身体的なストレスが精神疾患症状の原因になることは明らかになっていますが、どのように症状と関わっているのか、という機序については不明なことが多く残されています。脳内の神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)は通常、鎮静的に作用しますが、ストレスを経験したマウスでは興奮を引き起こします。本研究はこの応答性の変化がストレスによるものと考え、マウスの行動解析に基づいて、ストレスの影響を軽減する薬物療法のメカニズムに迫ることを目指しています。
(主な内容)
精神的・身体的なストレスを経験したマウスは精神疾患様の症状を呈することが、これまでの研究から明らかになっています。たとえば幼若期に育児放棄を経験したマウスでは成長後に不安を感じにくくなり、また攻撃傾向が高くなることが分かっています(Furukawa et al.,2017; Tsukahara etal., 2015)。 私は健常な個体では抑制的な神経活動を引き起こす脳内の神経伝達物質「GABA」が、ストレスを経験した個体では過剰な神経活動を引き起こすことに着目しました。この応答性の変化が疾患様症状を引き起こすメカニズムであると考え、これを標的とした薬物による治療効果の検証を進めています。 私は過去にメダカの細胞を使って放射線の生物影響について調べて来ました(Igarashiet al., 2017)。放射線による生体の機能障害には、例えば脳腫瘍の放射線治療に伴って認知機能に障害が惹起されることが知られています。私はこの放射線による病態にも、上記のストレスによる病態と類似のメカニズムが関与する可能性を考え、培養細胞を用いて検証しています。また観察容器に移したマウスがどのように動き回るのか、また前日見たおもちゃを記憶しているかなど、行動解析の手法により調べています。
(期待される効果・応用分野)
ストレスが精神疾患に及ぼすメカニズムを解明し、ストレス軽減に利する物質を探索していきます。●パニック障害や不安障害などの症状を軽減させる物質が見つかれば、サプリメントや医薬品の開発に役立つと期待されます。精神疾患症状に伴う対人関係の問題を軽減する新たな方策となり得ます。●これまで詳細不明とされる病態にも、類似のメカニズムが関与している可能性があります。個々人の症状に適応した新たな治療法の検証につながると考えています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●複雑なマウスの行動をより詳細に理解するために、解析装置メーカーと連携して研究を推進しています。
(コーディネータから一言)
ストレスが精神疾患に及ぼす影響のメカニズムを研究。ストレス軽減に有効な物質の探索を進めています。自然由来で穏やかに作用するサプリや医薬品の開発が目標。健康食品や医薬品企業との共同研究を求めています。
(研究分野)
薬理学
(キーワード)
薬理学 ストレス 精神疾患

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 東アジアの牧畜民社会における社会変化の比較研究

    東アジアの牧畜民社会における社会変化の比較研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) モンゴル高原からチベット高原に至る東アジアの内陸部では、その低温乾燥な環境条件に適応した移動牧畜(いわゆる遊牧)という生業形態が展開されていました。しかし近年、こうした牧畜民社会では、移動距離や回数が減少する移動性の低下や遊牧環境の悪化が見られ、急激な社会変化にさらされています。本研究は、こうした社会変化や環境変化をもたらした政治・経済・文化などの多岐にわたる要因を、現地での聞き取り調査を通じて総合的な視点で明らかにすることを目的とします。 (主な内容) 現在まで、研究...

  • 地域再生に活かせる「空間の美学的評価および創出方法」

    地域再生に活かせる「空間の美学的評価および創出方法」

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 美しい街並みや建築、ワクワクする空間はどの様に生まれるのでしょうか。「美しさ」や「楽しさ」は感覚的あるいは個人的な趣味の問題と片付けられがちですが、多くの人々に共有される要素が存在しています。当研究室では、建築・インテリア・家具などの分野において形態の美学的要素についての研究を行い、その評価方法および創出方法の開発を目指しています。また研究で得られた知見により、豊かな空間を創出する実践的なデザイン活動にも取り組んでいます。 (主な内容) ・美濃和紙を使用した家具のデザイ...

  • 尿中のマイクロRNA検出による尿路上皮がんの診断

    尿中のマイクロRNA検出による尿路上皮がんの診断

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 尿路上皮がんに対して一般的な尿細胞診検査は感度が低いことが問題です。近年、明らかになった「マイクロRNA(リボ核酸)=miR」は細胞内で、種々の遺伝子の転写調整に関与しています。これは「癌があると発現が変動する」という発現パターンを示すため、癌関連遺伝子的役割を持つと考えられています。マイクロRNAは分解されても比較的安定した検出が可能です。我々は尿中のマイクロRNA検出が、尿路上皮がんのより高感度な検査法として有用である可能性を検討しました。 (主な内容) 方法:尿路...

利用登録
する