産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

尿中のマイクロRNA検出による尿路上皮がんの診断

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
尿路上皮がんに対して一般的な尿細胞診検査は感度が低いことが問題です。近年、明らかになった「マイクロRNA(リボ核酸)=miR」は細胞内で、種々の遺伝子の転写調整に関与しています。これは「癌があると発現が変動する」という発現パターンを示すため、癌関連遺伝子的役割を持つと考えられています。マイクロRNAは分解されても比較的安定した検出が可能です。我々は尿中のマイクロRNA検出が、尿路上皮がんのより高感度な検査法として有用である可能性を検討しました。
(主な内容)
方法:尿路上皮がん患者(n=85)、非がん検体(健常者(n=49)および尿路感染症患者(n=15)から30ccの尿を集めてTotalRNAを抽出しました。リアルタイムPCRによりmiR-96とmiR-183(我々の以前のマイクロRNAスクリーニングデータからの腫瘍マーカー候補)の発現量を測定しました。PCR:特定の断片を増幅する遺伝子の検査手法ROC:スクリーニングテストの精度評価分析法ROC曲線分析(尿路上皮がんvs.非がん)miR-96miR-183尿におけるmiR-96とmiR-183のがん患者での発現は有意に高く、ROC曲線分析ではがん患者と非がん患者を高い感度と特異度をもって区別することが可能でした(左図)。尿細胞診単独での診断感度は44.6%でしたが、miR96の診断感度は単独でも64.6%あり、両者を併用することで、75.4%の感度を達成できました(下図)。尿細胞診36(55%)29(44.6%)miR-9616(24.6%)42(64.6%)miRNAAUCS.E95%C.I.Cut-offSensitivity(%)Specificity(%)20(30.8%)miR-960.8180.0340.747-0.877289miR-1830.8120.0350.740-0.87132164.777.792.375.0尿細胞診+miR-9616(24.6%)49(75.4%)Sensitivitiy(感度):陽性と判断されるべきものを正しく陽性と判定する割合Specificity(特異度):陰性と判断されるべきものを正しく陰性と判定する割合:陰性
(期待される効果・応用分野)
7:陽性尿細胞診とマイクロRNA検査を併用することで、尿によるがん診断感度を上げることができます。内視鏡検査などを行う前の、負担の少ない尿路上皮がんの診断法としての応用が期待されます。マイクロRNAは進行によって発現量が変化するため、初診時のがん診断や早期発見はもちろん、病期(ステージ)進行の予測や手術後再発のマーカーとしても有用ではないかと考えます。今後、企業等とタイアップして臨床検査での試験数を増やすことで、データを精査して行く予定です。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●当研究は千葉大学機能ゲノム学(関直彦准教授)との共同研究。すでに国内特許を取得済みです。「microRNA発現プロファイリングに基づく膀胱癌の検出方法」(公開番号P2009-100687A)。
(コーディネータから一言)
尿中のマイクロRNAに注目、尿路上皮がんの腫瘍マーカーとして有用と証明しました。臨床試験に協力いただき治験データを増やせば、楽で精度の高い検査方法としての実用化が可能。検査キット開発なども期待できます。
(研究分野)
分子生物学
(キーワード)
尿路上皮がん 泌尿器科 癌 バイオマーカー 尿路上皮がん マイクロRNA

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 養鶏アニマルウエルフェア、特にフットパット皮膚炎に関する研究

    養鶏アニマルウエルフェア、特にフットパット皮膚炎に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 近年、アニマルウエルフェア(動物福祉、以下AW)は家畜に対しても対応が必要とされるようになってきました。農水省は畜産技術協会とともに、家畜(牛、豚、鶏)のAWへの対応に取組んでいます。鶏は採卵鶏、肉用鶏別に、AWに配慮した養鶏管理指針が作成されており、その中で、フットパット皮膚炎は、肉用鶏のAWの指標のひとつとして検討されています。 (主な内容) フットパット皮膚炎/化膿性炎健康なフットパット予防対策床管理疼痛、発熱、ストレスアニマルウエルフェアで問題だよ!多種類の細菌...

  • 陶磁素材からの表現

    陶磁素材からの表現

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 工芸とは、技と美を持つ芸術です。人は、生活の中で生きるために技を得、そこに美意識を持ち、そのものの価値を見出してきました。現代では、工芸という領域が幅広い分野で展開されてきており、その意義が問われる時代になってきていると感じます。「なぜ土でつくるのか」「なぜ土で表現するのか」土という素材をみつめ、土が持つ美しさをどのように引き出せるのか、そしてそれをどのように表現へ繋げていけるかを追求しています。 (主な内容) 『土の流動体泥漿による生成と空間表現』固体でも液体でもない...

  • 芸術・文化の発信・交流を促すワークショップの実践

    芸術・文化の発信・交流を促すワークショップの実践

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 高度に情報化しグローバル化した現代社会では、多様な個を認め合い、協同的問題解決を図る能力が求められています。私たちの研究室では、芸術・文化の活動を通しながら、「共に学ぶ力」の育成を目指しており、参加者自らが体験するワークショップのスタイルをとっています。特に最近は、日本の伝統文化である絵巻を題材とした異文化理解のワークショップ、「なりきりえまき」を展開しています。 (主な内容) 絵巻をつかったワークショップ「なりきりえまき」の実践例(フィレンツェ大学)1絵巻の説明絵巻で...

利用登録
する