産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

陶磁素材からの表現

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
工芸とは、技と美を持つ芸術です。人は、生活の中で生きるために技を得、そこに美意識を持ち、そのものの価値を見出してきました。現代では、工芸という領域が幅広い分野で展開されてきており、その意義が問われる時代になってきていると感じます。「なぜ土でつくるのか」「なぜ土で表現するのか」土という素材をみつめ、土が持つ美しさをどのように引き出せるのか、そしてそれをどのように表現へ繋げていけるかを追求しています。
(主な内容)
『土の流動体泥漿による生成と空間表現』固体でも液体でもない流動性を持つ土をつくりだし、そこから感じ取るものを現前させる研究。『生08-2』h35×d150×w50cm×62008年『KAIZAI08-2』h50×d1700×w5cm2008年『タタラ成形による流線形の表現』土が持つ可塑性を生かし、板状の土を曲げることで生まれる、自然の流線形から感じ取るものを現前させる研究。『KAIZAI09-1』h280×d15×w5cm2009年『Leben』部分h60×d50×w552008年
(期待される効果・応用分野)
『見えない存在』h40×d40×w50cm2004年土の特性に合わせた様々な状態の土をつくり出し、釉薬や焼成によって新たな素材感を生み出します。その中でも「焼く」ことに着目、布や葉など燃える素材を混ぜて焼き、その素材が消失することで新たに現れる素材感や、火山灰や金属を付着させることで熔けて生まれる素材感等、素材の面白さが創る今までにない材質感の表現も追求しています。従来の概念から幅を広げ、自由な発想で「焼く」ことに挑戦し、陶磁分野における新たな表現活動へと繋げていくことを目指します。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●子どもから大人まで、土を触って行う創作活動の企画、指導。●展覧会の開催、参加は随時行っています。受賞:『国際陶磁器展美濃陶芸部門』銀賞、『セラミックアートFuji国際ビエンナーレ』奨励賞など
(コーディネータから一言)
伝統陶芸の経験を下に、現代陶芸に挑戦する気鋭の作家。陶芸を自由に楽しむ、市民向けの創作指導も行います。新しい陶芸の動きを鹿児島に取り入れ、情報発信するお手伝いへも注力します。ご相談ください。
(研究分野)
陶磁-土による表現研究
(キーワード)
陶磁 陶芸 やきもの 土 素材感 泥漿 表現

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • オブジェクト共有空間を用いた分散並列処理システム

    オブジェクト共有空間を用いた分散並列処理システム

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-09-14

    ■オプジェクト共有空間を用いた分散並列処理システム 既存の計算機(事務用PC、個人用PC,学校や公共施設の共用PCなど)を、いまあるそのままの状態でグルーブ化して即座に並列計真機の一部として利用できるシステムです。たとえば夜間や休日に、会社の事務用PCや、学校の演習室の共用PC、自宅の個人用PCなど、休眠している時間帯のPCの力を集積して大きな計算をさせることが可能です。また利用の前後でPCの環境が変更されないので共用PCでも使えます。 特長 ・PCの設定変更作業や専用ソフトの導入作業が不要  ...

  • CAEを用いたエ作機械の解析

    CAEを用いたエ作機械の解析

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-09-14

    工作機械の加工精度は機械や工具,加工環境などのさまざまな要因によって決まるが,その一つに,工作機械構造物の熱変形が挙げられる。熱伝導及び熱応力解析を行うことで,工作機械の熱・応力分布を把握することができる。 モデリング 3DCADにより,解析にあったモデリングをする メッシング 境界条件を設定しメッシングする 解析    実測値と解析値を比較し,一致に近くなる最適な境界条件値を探索する。 企業メリット ・製品開発の期間短縮、コストカット キーワード ・CAD,CAE 主要な研究テーマ ・エ作機械...

  • 機械加工における高品位加工面を得るための加工法の検討

    機械加工における高品位加工面を得るための加工法の検討

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-09-14

    ・高品位加工 ワイヤ放電加工→加工物の形状→コーナー部・加工終了部→精度良くする 旋盤の二次元切削→加工物への影響→加工硬化層・バリ→影響を小さくする 金属と非金属との共削り穴加工→加工後の粗さ→同時に良好な仕上げ面を得る 企業メリット ・機械加工の高品位化 キーワード ・ワイヤ放電加工, 旋盤, マシニングセンタ, 加工硬化層, バリ, 共削り, 穴開け 主要な研究テーマ ・ワイヤ放電加工における高品位な加工面を得るための加工法の検討 ・非鉄金属の二次元切削における加工硬化層の研究 ・共削り加...

利用登録
する