産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

小さな泡が産業を変える!~作る、評価する、利用する~

  • 公開日: 2020-08-21
添付:PDFファイル

■研究の背景および目的
ファインバブル(FB)と呼ばれる直径100㎛以下の微細な泡は、液体に様々な機能を付与し農水産物の生育促進や環境浄化、洗浄などの効果を生み出します。日本発の革新的技術として様々な産業での利用が検討されています。私は、FB発生のメカニズムの解明、発生技術や発生装置の開発、特性や特徴の評価法の提案から産業利用に向けた基礎検討まで、総合的にファインバブル研究を行っています。産学官連携によるファインバブル事業の創出や改善のための技術支援も幅広く手掛けています。
■おもな研究内容
泡を作る
泡を利用する
泡を評価する
実験
機能性材料合成
数値計算
従来技術の課題を解決し、新たな用途に展開できる新技術の発生装置を考案。
スプレー洗浄
FBと不純物の識別法、挙動の可視化、気体封入能の推算、凝集・膨張の測定等
FB活用のためには、用途に応じた、泡のサイズ、溶解量等の制御が必要
■期待される効果・応用分野
ファインバブルは洗浄、生育促進、鮮度維持、分離等の効果を持ち幅広い利用が期待されます。FBの活用には目的・用途に応じて泡を科学的に制御する技術が必要です。これまでにFBを機器や農作物の洗浄、農業噴霧機の設計、有価物の分離回収、機能性材料の合成、洗浄液の開発等へ活用する技術開発を行って来ました。鹿児島県水産技術開発センターと赤潮除去剤の除去能を飛躍的に向上させることに成功!鹿児島県工業技術センターとは各FB発生装置の評価システムの開発を進めています。
■共同研究・特許などアピールポイント
●特許(出願)9件、共同研究6件(2020年7月現在)
●「ファインバブル技術推進ネットワーク」を構築
パートナー企業
・農業
・水産業
・畜産業
・工業(食品加工、洗浄など)
県庁
鹿児島大学
(学部間連携)
装置メーカー
自治体
公設試
金融機関
(工業技術センター)
(水産技術開発センター)
■コーディネーターから一言
ファインバブルは農水産業、食品、医薬、材料等大きな市場が期待される新技術。その製造、評価、応用まで総合的知見を持つ有数の研究者です。FBの利用を検討する方はご相談ください。用途に応じた技術支援が可能です。
鹿児島県、九州内での産学官連携に加え、慶應義塾大学寺坂研究室とも連携
■研究分野
気泡工学、超音波工学、流動層工学、マイクロ化学工学
■キーワード
ファインバブル(マイクロ・ナノバブル)、ナノ粒子、マイクロリアクタ、バイオマス

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 血液の固まりやすさを科学的に評価する

    血液の固まりやすさを科学的に評価する

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-07-24

    医歯学総合研究科・システム血栓制御学 特任准教授 伊藤 隆史 (研究の背景および目的) 血管の中で血液が固まると、血流が滞り、酸素や栄養分を送り届けることができなくなってしまいま す。一方、血管が破れた場合、漏れ出た血液が固まらなければ、出血多量で血液循環を維持できなくなってしまいます。血液は時と場合に応じて、固まったり固まらなかったり、適切にコントロールされる必要があり、これがうまくいかないと血栓症や出血傾向をきたしてしまいます。私たちは血栓形成のメカニズムの解明、評価、予防、新規治療法の開発...

  • 鹿児島県産食材の価値を高める「食と健康プロジェクト」

    鹿児島県産食材の価値を高める「食と健康プロジェクト」

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-07-07

    (研究の背景および目的) 鹿児島県は、温帯から亜熱帯の気候と島嶼圏を擁する豊かな自然に恵まれ、日本における食糧供給の重要拠点です。現在の日本は生活習慣病やフレイルに代表される老年症候群の発症例が増大しており、質の高い食事による生活改善が求められています。私たちは大学内、学外研究機関、企業等と「食と健康プロジェクト」を組織して、鹿児島県産食材の健康機能性について研究しています。鹿児島県産農水産物の価値向上と食育活動の推進、食による健康的な生活の実現を目的としています。 (おもな研究内容) 黒膳プロ...

  • ゲノム編集で遺伝子異常由来の病気の治療に貢献する

    ゲノム編集で遺伝子異常由来の病気の治療に貢献する

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-07-07

    (研究の背景および目的) 近年「がん(腫瘍)は遺伝子の異常が原因である」ことが認知され、患者さんの遺伝子の異常を調べて、一人ひとりに合った治療を行う「がんゲノム医療」が注目されています。鹿児島大学病院でも「がん遺伝子診断外来」を設置、受診者数も増えています。当講座では「がんゲノム医療」の精度を高めるため、「ゲノム編集」技術を用いた研究を行っています。ゲノム編集は病気の解明だけでなく、多くの分野に応用される技術です。がんに限らず、様々な遺伝子異常に関わる研究を目指しています。 (おもな研究内容) ...

利用登録
する