産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

高速アナログLSI技術

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
現代の高度情報化社会は、インターネットや携帯電話、デジタルテレビ放送など様々な情報システムが、有線、無線、光ファイバーなどの多様な通信媒体を用いて、高速に情報交換することで成り立っています。通信システムが伝達している情報はデジタルですが、情報を担っている信号の振幅や位相はアナログ情報であり、そのハードウエアは高度なアナログLSI技術によって支えられています。研究室では、通信システムの性能を支配する高速アナログLSI技術を研究、開発しています。
(主な内容)
770-MHz,70-mWADCモジュール(1)高速、低電力CMOSADCLSI技術携帯無線通信やディスクシステムなどの分野から、高速(1GHz)かつ低電力(<100mW)のADCLSI(アナログデジタル変換回路)の要求が非常に高まっています。当研究室では、高速動作を保ちつつ歪や雑音を低減する技術や、製造にばらつきがあっても精度を低下させない補償技術の開発に取り組んでいます。これまでに、770MHzで70mWの8bitADCLSIを開発しています。VCSELarrayDriverLSIcircuitcore(1ch.)175X225umFlip-chipbonded10-Gb/sVCSELドライバLSI90-nmCMOS(2)光配線向け送受信器LSI技術半導体の微細化技術の進歩により、LSI間のデータ伝送速度は高速化の一途をたどっています。しかし、回路基板配線の抵抗や誘電体損失による信号減衰や信号間のクロストークにより、LSI間のデータ速度は限界に達しつつあります。そこで、回路基板内に導波路を形成することにより、光信号によりLSI間データ伝送を行う光配線が注目されています。当研究室では、レーザーの駆動波形を高精度に制御することにより、波形歪の少ない光波形を実現する回路方式を開発しています。
(期待される効果・応用分野)
携帯電話基地局や高速ハードディスク、システムの高速化と低電力化を実現させるADCLSI技術の開発に取り組んでいます。IC間で伝送する信号の波形を高精度に調整し、高速インターフェースを実現する回路を開発中です。光ファイバーをセンサーとして応用する技術のご相談への対応も可能です。
(共同研究・特許などアピールポイント)
特開2009-182513「AD変換器」特開2010-141138「レーザーダイオード駆動装置」特願2010-087965「アナログデジタル変換器及び比較器」
(コーディネータから一言)
様々な通信システムが高速で情報交換する現代社会。その進歩を支えるために必要な、アナログLSIの技術開発が研究テーマ。技術革新に合わせ、高速、低電力でシステムの能力を100%発揮する応用技術を開発しています。
(研究分野)
アナログ電子回路 LSI工学 通信工学
(キーワード)
回路 アナログ回路 光通信 インターフェース シグナルインテグリティ

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 光で動く炭素フィルム

    光で動く炭素フィルム

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-11-17

    技術概要光エネルギーをダイレクトに⼒学的エネルギーに変換する炭素フィルムです。極薄のポリマーフィルム、紙(ナノペーパー)、⾦属箔などにスパッタ法を⽤いてコーティングしたものに、可視光を当てると動きます。⾚や緑といった単⾊光やレーザー光でも変形し、光を切ると元の状態に戻ります。電⼒不要で遠隔操作可能なスイッチなどに使えます。また、ロール状や半円形にすることで、回転、前進運動も可能です。この炭素系フィルムは、グラファイトと窒素を原料としており、環境にも優しく、原料から製品に⾄るまで、全く毒性のない材...

  • 磁場制御による⾼機能性物質材料の合成・育成と分解・分離制御及びリサイクル技術

    磁場制御による⾼機能性物質材料の合成・育成と分解・分離制御及びリサイクル技術

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-11-17

    技術概要 磁場は医療MRIで使⽤されるなど、クリーンで⾮接触な環境です。地磁気の5万倍超の磁 場を使った、磁性材料の合成・分解・分離、組織制御研究から、優れた磁⽯特性の創出や 磁⽯合成プロセスの効率化⽅法、希⼟類磁⽯の新規分離リサイクル⽅法を発明しました。 ⾮磁性合⾦や⾮磁性元素から磁場×磁気のエネルギーで磁⽯合⾦の誘起・合成も⽰しまし た。合⾦とその原料の磁場感受性が温度によって異なることを利⽤して、磁⽯合⾦の分 解・分離リサイクルも可能です。安価な強磁場環境の製造⼯程導⼊に備えた⾼機能⽣産物...

  • 加害者家族の現状と支援の在り方

    加害者家族の現状と支援の在り方

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-11-14

    ■研究の背景および目的 家族の誰かの加害行為が発覚したとき、加害行為者本人だけでなく、家族が社会から非難されてしま うことが多々あります。さらに加害者家族は捜査機関からの事情聴取を受け、刑事裁判での証人とな ることもあります。しかし加害者家族を支援する総合的な法制度はなく、多くの場合、家族は誰の助 けもなくこれらに対応しなければならず、精神的にも肉体的にも追い込まれているのが現状です。私 たちは加害者家族の現状について検証し、支援のあり方を探ることを目的に活動しています。 ■おもな研究内容 加害...

利用登録
する