産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

血液の固まりやすさを科学的に評価する

  • 公開日: 2020-07-24
添付:PDFファイル

医歯学総合研究科・システム血栓制御学 特任准教授 伊藤 隆史
(研究の背景および目的)
血管の中で血液が固まると、血流が滞り、酸素や栄養分を送り届けることができなくなってしまいま
す。一方、血管が破れた場合、漏れ出た血液が固まらなければ、出血多量で血液循環を維持できなくなってしまいます。血液は時と場合に応じて、固まったり固まらなかったり、適切にコントロールされる必要があり、これがうまくいかないと血栓症や出血傾向をきたしてしまいます。私たちは血栓形成のメカニズムの解明、評価、予防、新規治療法の開発を目指して研究しています。
(おもな研究内容)
我々は企業との共同研究において、血液の固まる力を定量的に評価できる新規検査法:
総合的血栓形成能解析システム®の開発に取り組みました(右図)。これによって、血流下で血小板とフィブリン*が協調して血栓を増大させる過程を定量的かつ視覚的に捉えることができるようになりました。
*血液凝固に関わるタンパク質
また、病的状況下において、血管内で血栓ができやすくなるメカニズムの解析も進めています。そのなかで、損傷細胞から漏れ出てくる生理活性分子(DAMPS)*1の働きや、好中球が放出する細胞外トラップの働きに注目し、これらが血管内血栓形成を引き起こす仕組みを研究しています(左図)。
重症感染症(敗血症)や、それに伴う播種性血管内凝固症候群(DIC)*2のような病態では、血液中のDAMPs濃度が高まり、遠隔臓器障害の一因になっているため、DAMPs濃度を解析する新規検査法も、企業と共同で開発しています。
*1.危機を知らせるアラームとして働き、周囲の細胞を活性化する分子*2.全身のあちこちの血管内で血栓ができ、細い血管をつまらせる病気
(期待される効果・応用分野)
 新規検査システムは、潜在的な止血異常の診断や、手術前の止血機能評価に応用でき、安全な手術をサポートできる可能性があります。
 DAMPsの動態や作用機序の解明は、敗血症やDICの重症度評価、DAMPsを標的とする新規治療法の開発等への応用が期待できます。
■共同研究・特許などアピールポイント
●主に、炎症・免疫と血栓部会、DIC部会などで学会活動を行っています。この分野に興味をお持ちの研究者がいらっしゃれば、共同研究の可能性も含めてご相談させていただきたいと思います。
(コーディネーターから一言)
血栓の病理と予防・治療法の開発を目的とした研究。特定の企業と共同で、血栓ができるメカニズムの解析、新規検査法の開発等を行っています。血液凝固の評価は様々な疾患の予防・診断・治療に応用が可能です。

研究分野
臨床検査医学 血栓止血学 集中治療医学
キーワード
血栓症 出血傾向 敗血症 播種性血管内凝固症候群 (DIC) DAMPs

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 鹿児島県産食材の価値を高める「食と健康プロジェクト」

    鹿児島県産食材の価値を高める「食と健康プロジェクト」

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-07-07

    (研究の背景および目的) 鹿児島県は、温帯から亜熱帯の気候と島嶼圏を擁する豊かな自然に恵まれ、日本における食糧供給の重要拠点です。現在の日本は生活習慣病やフレイルに代表される老年症候群の発症例が増大しており、質の高い食事による生活改善が求められています。私たちは大学内、学外研究機関、企業等と「食と健康プロジェクト」を組織して、鹿児島県産食材の健康機能性について研究しています。鹿児島県産農水産物の価値向上と食育活動の推進、食による健康的な生活の実現を目的としています。 (おもな研究内容) 黒膳プロ...

  • ゲノム編集で遺伝子異常由来の病気の治療に貢献する

    ゲノム編集で遺伝子異常由来の病気の治療に貢献する

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-07-07

    (研究の背景および目的) 近年「がん(腫瘍)は遺伝子の異常が原因である」ことが認知され、患者さんの遺伝子の異常を調べて、一人ひとりに合った治療を行う「がんゲノム医療」が注目されています。鹿児島大学病院でも「がん遺伝子診断外来」を設置、受診者数も増えています。当講座では「がんゲノム医療」の精度を高めるため、「ゲノム編集」技術を用いた研究を行っています。ゲノム編集は病気の解明だけでなく、多くの分野に応用される技術です。がんに限らず、様々な遺伝子異常に関わる研究を目指しています。 (おもな研究内容) ...

  • 専門職による学級・学校の荒れの回復と多層支援の在り方

    専門職による学級・学校の荒れの回復と多層支援の在り方

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-07-07

    (研究の背景および目的) 授業中に席を勝手に立ったり,ルールを守ることができない子が複数存在し授業が成立しない状態は「学級の荒れ」と呼ばれます。教室や学校が教育の場として機能しなくなると,いじめ,暴力,不登校,学力低下など様々な問題が生じる悪循環に陥ります。学級や学校の状態を,より良いプラス方向へ持っていく研究はありますが,マイナスをゼロに回復させるための知見は不足しています。学級・学校・地域を包括的に関連付けて,どのように荒れを回復させるのか,その支援を目的としています。 (おもな研究内容) ...

利用登録
する