産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

ゲノム編集で遺伝子異常由来の病気の治療に貢献する

  • 公開日: 2020-07-07
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
近年「がん(腫瘍)は遺伝子の異常が原因である」ことが認知され、患者さんの遺伝子の異常を調べて、一人ひとりに合った治療を行う「がんゲノム医療」が注目されています。鹿児島大学病院でも「がん遺伝子診断外来」を設置、受診者数も増えています。当講座では「がんゲノム医療」の精度を高めるため、「ゲノム編集」技術を用いた研究を行っています。ゲノム編集は病気の解明だけでなく、多くの分野に応用される技術です。がんに限らず、様々な遺伝子異常に関わる研究を目指しています。
(おもな研究内容)
従来のがん薬物治療は、臓器ごとに使用する薬が決まっていますが、同じ臓器にがんが発症しても、薬の効果が高い患者とそうでない患者がいます。これは同種類のがんでも、人によって遺伝子異常が異なることが原因だとわかってきました。
「がんゲノム医療」とは、患者から採取したがん組織の遺伝子を調べ、がんの原因となる遺伝子異常を検査、その患者に最も効果があると考えられる治療薬を選択する治療法です。遺伝子検査によって一人ひとりに最適な薬を使用してがんを治療できる、治療効果が高い個別化医療として注目されています。しかし、がんゲノム医療には未だ不明な点も多く、より多くのがんに関連する遺伝子異常を明らかにすることが急務となっています。
左:ゲノム編集で実験的に一塩基だけ変えました。ヒトのDNAは30億塩基対あると言われますが、たった一塩基の違いががんを治療できるかどうかの指標になることがあります。
上:蛍光物質のついた蛋白質を発現する培養細胞をゲノム編集で作りました。この細胞で蛋白質の機能解明を行っています。
私たちは「ゲノム編集」の技術を用いて、がんとの関連性が明らかでない意義不明の遺伝子異常を実験的に再現し、遺伝子異常の意義を解明、がんと関連する遺伝子異常を新たに特定する研究を行っています。ゲノム編集は、目的としている遺伝子の狙ったところを正確に変更できる技術です。遺伝子の編集(挿入、欠失、置換)だけでなく、転写活性の調整、エピジェネティクスなどにも応用可能です。また、ヒトだけでなく、あらゆる生物の遺伝子にも応用可能な技術です。現在、がんゲノム医療研究で用いている本手法を他の遺伝子異常疾患にも応用できるよう、研究の幅を広げて行きたいと考えています。
(期待される効果・応用分野)
がんとの関連性が明らかでない意義不明の遺伝子変異の中でも、治療に有効と考えられる変異を優先的に研究しています。研究成果が新規治療薬の開発につながることが期待できます。ゲノム編集は、がんゲノム医療の研究分野以外にも、遺伝子異常を原因とする様々な疾患にも応用できます。遺伝子異常を原因とする疾患モデル動物の作製などにも応用可能です。遺伝子に関わる様々な研究を行い、筋ジストロフィーなど、遺伝子異常を伴うがん以外の疾患の有効治療にも貢献したいと考えています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●鹿児島大学病院のがん遺伝子診断外来をはじめとして複数の講座と連携し、解明すべき未知の遺伝子異常について共同研究を実施しています。
● 「がん」領域に限らず、様々な研究に挑戦したいと考えております。
(コーディネーターから一言)
ゲノム編集技術を用いて、がんゲノム医療に有効な未知の遺伝子異常を解明する研究。新規治療薬の開発や、他の遺伝子異常疾患にも応用可能です。他機関の研究者や医薬品会社との共同研究を求めています。
(研究分野)病理学、分子生物学
(キーワード)がんゲノム医療、ゲノム編集

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 専門職による学級・学校の荒れの回復と多層支援の在り方

    専門職による学級・学校の荒れの回復と多層支援の在り方

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-07-07

    (研究の背景および目的) 授業中に席を勝手に立ったり,ルールを守ることができない子が複数存在し授業が成立しない状態は「学級の荒れ」と呼ばれます。教室や学校が教育の場として機能しなくなると,いじめ,暴力,不登校,学力低下など様々な問題が生じる悪循環に陥ります。学級や学校の状態を,より良いプラス方向へ持っていく研究はありますが,マイナスをゼロに回復させるための知見は不足しています。学級・学校・地域を包括的に関連付けて,どのように荒れを回復させるのか,その支援を目的としています。 (おもな研究内容) ...

  • 活・生鮮魚介類の鮮度保持と水産加工品の高品質化

    活・生鮮魚介類の鮮度保持と水産加工品の高品質化

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-07-07

    (研究の背景および目的) ●活魚介類の健康を保つことで、食品の品質を高めることが期待できます。医学研究の実績を基に血液検査等から活魚介類の健康チェックをし、養殖魚の生簀管理や活魚輸送の効率化をめざします。 ●魚介類の主な可食部は筋肉であり、筋肉の主要成分はタンパク質です。魚介類の筋肉たんぱく質を調べることで、保存中の品質変化を調べ、それを参考にして鮮度を保つ最適な方法を提案します。 ●練り製品などの加工品の品質を高めるための添加物や加工法を提案します。 (おもな研究内容) ●活魚介類の健康チェッ...

  • 農産物卸売市場における有利販売戦略

    農産物卸売市場における有利販売戦略

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-05-08

    (研究の背景および目的) 最近の農産物流通過程では買い手が売り手よりも強いため、農産物価格が低迷しているといわれます。 農産物の主要な取引の場である卸売市場において、生産者の利益を増やす「有利販売」を大きく左右すると考えられる取引交渉力(価格・数量の交渉力)と、各産地からの出荷量調整(価格に影響を及ぼす力の源)はどういう状態にあるのかを解析し、現状を的確に把握します。 それにより、これらをどのように変化させると有利販売が実現できるのかを検討していきます。 (おもな研究内容) 解析1.買い手と売り...

利用登録
する