産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

天然素材が有する機能性物質を単離・構造決定する技術

  • 公開日: 2020-04-20

(研究の背景および目的)
人間は生物の作り出す様々な生物活性物資を有効に利用してきました。食品の分野ではそのような生物活性物質(機能性物質)を含んだ機能性食品を日常的に摂取し、様々な疾病の予防に役立てる研究がおこなわれています。本研究では、そのような機能性食品を開発する際の初めの一歩となる、対象素材がどのような機能性物質を含んでいるのかを明らかにすることを目的としています。植物、海藻等、陸海問わず幅広い素材のなかから新たな生物活性物質を探索し、その構造を明らかにします。
(主な研究内容)
生物活性物質の単離の概要素材からのエキス抽出様々な活性試験を指標にして、抽出物を分離していきます最終的に単一の物質まで精製して、機器分析で構造を決定します●月桃由来の骨代謝改善物質沖縄産月桃の根茎 デヒドロカバイン●海藻由来の抗酸化物質小笠原産海藻●ホオズキの 抗肥満物質食用ホオズキの茎・葉 ゾナロール類縁体 ウィサノリド類縁体1.00.80.60.40.2培養細胞等を用いた機能性評価実際の生物活性物質同定例試験管レベルで活性を示す様々な物質の構造やその作用機構を明らかにしてきました活性あり
(期待される効果・応用分野)
私たちは、これまでに上記の化合物の構造と生物活性(機能性)を細胞試験レベルで明らかにしました。●ヒトの役に立つ、未知の構造や機能を有する生物活性物質を発見することにより、新たな研究用試薬、医薬や食品素材の開発につながることが期待されます。
●これまでヒトが活用してこなかった天然素材から生物活性物質を見出すことができれば、未利用資源の有効活用につながることが期待されます。
(共同研究などアピールポイント)
●培養細胞等を用いた活 性試験(in vitro)に関し、新たなアッセイ系の立上げが可能。ご要望の素材に対し、アッセイ系の確立から活性物質同定まで一貫して行います。見つけた活性物質の構造は機器分析や有機合成化学の手法を駆使して精密に決定します。●骨代謝改善剤【特願2018-123111】
(コーディネーターから一言)
植物・海藻から機能性物質を探索、構造を解明します。素材に合わせたアッセイ系 を創り物質の同定から構造解明まで行えます。未利用資源の有効活用にも期待。機能性を探索したい天然素材をお持ちの方はご連絡ください。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 2022-04-20

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 食品成分の安全性と機能性を探索・評価する研究

    食品成分の安全性と機能性を探索・評価する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-04-20

    (研究の背景および目的) 私たちの身の回りには様々な化学物質が存在します。食品もまた複数の化学物質の集合体として考えることができます。食品に含まれる成分(化学物質)は、その量により人体に良い影響を及ぼすものもあれば、悪い影響を及ぼすものもあります。私たちの研究室では、食品成分の持つ機能性の探索や食中毒などの原因となる毒性物質の作用メカニズムを詳細に解析しています。食品の有用性と有毒性を解明することで、人々の健康の保持・増進に貢献することを目的に研究を行っています。 (おもな研究内容) 食品に含ま...

  • 炭素系薄膜を用いた光駆動デバイスの開発

    炭素系薄膜を用いた光駆動デバイスの開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-04-20

    (研究の背景及び目的) 共に炭素の同素体であるダイヤモンドと黒鉛の中間には、高硬度で切削工技や剃刀の刃などに使われるダイヤモンドライクカーボン(DLC)をはじめとする、多様な無機炭素系薄膜材料があります。我々はその一つアモルファス窒化炭素に、可視光が照射されると形状を変えるユニークな性質を発見しました。我々の研究室では多彩な炭素系薄膜の作製や物性評価に取り組むとともに、光で動くアモルファス窒化炭素を使った、無電源で遠隔操作が可能なデバイスの開発にも取り組んでいます。 (主な研究内容) アモルファ...

  • 脳腫瘍診断に特化したカスタム遺伝子パネル検査の開発

    脳腫瘍診断に特化したカスタム遺伝子パネル検査の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-02-07

    (研究の背景および目的) 近年、がんの診断・治療現場では、遺伝子変異に合わせて適切な薬物治療や集学的治療を採用する個別化医療が急速に発展しています。遺伝子パネル検査は、その際行われる遺伝子変異を総合的に解析し診断する手法です。特に脳腫瘍では、WHOによる統合病理診断が採用され、診断に遺伝子情報による分子分類が必須となりました。我々は神経膠腫診断に必要な48遺伝子による脳腫瘍に特化した遺伝子パネル検査 (Kagoshima Brain Tumor 48 OncoPanel)を開発、検査体制を構築し...

利用登録
する