産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

食品成分の安全性と機能性を探索・評価する研究

  • 公開日: 2020-04-20
  • 変更日: 2020-09-26
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
私たちの身の回りには様々な化学物質が存在します。食品もまた複数の化学物質の集合体として考えることができます。食品に含まれる成分(化学物質)は、その量により人体に良い影響を及ぼすものもあれば、悪い影響を及ぼすものもあります。私たちの研究室では、食品成分の持つ機能性の探索や食中毒などの原因となる毒性物質の作用メカニズムを詳細に解析しています。食品の有用性と有毒性を解明することで、人々の健康の保持・増進に貢献することを目的に研究を行っています。
(おもな研究内容)
食品に含まれる化学物質の生体影響を正しく理解することは、食品の安全性を考える上で非常に重要な情報の一つとなります。このことから私たちの研究室では、水産物などの食品に含まれる化学物質が人体にどの様な影響を及ぼす可能性があるのか、その分子メカニズムについて細胞レベルで研究を進めています。現在、私たちが取り組んでいる研究の一つに水産物にも多く含まれるヒ素に関する研究があります。日本人の総ヒ素摂取量の約8割は海藻・魚介類などの水産物に由来するとされており、その生体影響を評価することは、水産物の安全性を考慮する上でも重要だと考えています。その一方で、水産物には、DHAやEPAに代表される有用成分も多く見出されていることから、水産物に含まれる成分の中に新規の機能性を見出していきたいと考え研究に取り組んでいます。
(期待される効果・応用分野)
食品に含まれる成分の安全性や機能性に関する基礎的な知見を得ることで、動物実験や疫学研究につなげるための基礎データとなります。動物実験や疫学研究は、動物愛護の問題や膨大な費用が必要になるなど、研究の初期段階においては非常にハードルが高いものです。一方、培養細胞を用いた試験では、厳密な生体影響を評価できないものの、比較的安価な費用で食品成分の機能性や有毒性を探索できるメリットがあります。成分を評価する研究の初期段階においては有効な研究手法になります。
(共同研究などアピールポイント)
●主にヒト由来の培養細胞を用いることにより、食品や水 産物から抽出された成分の機能評価や抗酸化能の評価を行っています。研究の初期段階で行う機能性成分のスクリーニングなどに有効です。
(コーディネーターから一言)
ヒト由来の培養細胞を用い、食品成 分の機能性と安全性を評価しています。研究の初期段階において有効な研究手法です。水産物が示す有用性と有毒性を分子レベルで解明することで、新規の機能性を見出すことも可能です。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 炭素系薄膜を用いた光駆動デバイスの開発

    炭素系薄膜を用いた光駆動デバイスの開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-04-20

    (研究の背景及び目的) 共に炭素の同素体であるダイヤモンドと黒鉛の中間には、高硬度で切削工技や剃刀の刃などに使われるダイヤモンドライクカーボン(DLC)をはじめとする、多様な無機炭素系薄膜材料があります。我々はその一つアモルファス窒化炭素に、可視光が照射されると形状を変えるユニークな性質を発見しました。我々の研究室では多彩な炭素系薄膜の作製や物性評価に取り組むとともに、光で動くアモルファス窒化炭素を使った、無電源で遠隔操作が可能なデバイスの開発にも取り組んでいます。 (主な研究内容) アモルファ...

  • 脳腫瘍診断に特化したカスタム遺伝子パネル検査の開発

    脳腫瘍診断に特化したカスタム遺伝子パネル検査の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-02-07

    (研究の背景および目的) 近年、がんの診断・治療現場では、遺伝子変異に合わせて適切な薬物治療や集学的治療を採用する個別化医療が急速に発展しています。遺伝子パネル検査は、その際行われる遺伝子変異を総合的に解析し診断する手法です。特に脳腫瘍では、WHOによる統合病理診断が採用され、診断に遺伝子情報による分子分類が必須となりました。我々は神経膠腫診断に必要な48遺伝子による脳腫瘍に特化した遺伝子パネル検査 (Kagoshima Brain Tumor 48 OncoPanel)を開発、検査体制を構築し...

  • 高齢者の心身機能の維持・向上と介護予防に関する研究

    高齢者の心身機能の維持・向上と介護予防に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-02-07

    (研究の背景および目的) 高齢化の進展のなか、高齢者が住み慣れた思い入れのある地域で、安心して自立した生活ができる方策が望まれています。加齢に伴う心身機能の衰えにより、認知症や要介護になるリスクが増えます。本研究では、これらの予防や改善のため、超高齢地域である鹿児島県垂水市と協働で、地域高齢者の心身機能に関する科学的データを蓄積しています。科学的根拠に基づき、加齢によるリスクの要因を探ること、心身機能の維持・向上に対して効果的な運動介入方法を開発することを目的としています。 (おもな研究内容) ...

利用登録
する