産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

茶抽出物を用いた抗菌性貴金属ナノ粒子の開発

  • 公開日: 2020-03-18
  • 変更日: 2020-09-26
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
鹿児島県はお茶の一大産地で、全国2位の生産量を誇ります。茶葉にはカテキンなどの様々な有効成分が含まれており、飲料以外にも茶を利用した抗菌・消臭作用を付与した機能性材料が開発されています。私たちは茶の抽出液で、金属ナノ粒子を合成する新たな手法を開発しました。本研究では、製茶くずや商業的価値の低い茶葉、さらには出涸らしの茶葉に含まれる機能性分子と、金および銀ナノ粒子とを組み合わせた新規の機能性・高付加価値材料の開発を行っています。
(おもな研究内容)
茶葉の抽出条件とナノ粒子調製の反応条件を最適化することで,非常に簡便な方法で安定な金および銀ナノ粒子を調製することができます。さらに,得られた金属ナノ粒子には茶由来の機能性を付与することができます。
【抽出条件】
煎茶・紅茶を,水・アルコールを用いて低温(65℃〜0℃)で抽出する。抽出したあとの茶殻も利用可能(5回以上)。
【調製条件】
抽出液に重曹水を加え弱アルカリ性にしたあと,金属塩の水溶液を加える。加熱の必要は無く,10分ほどで反応終了。
10〜20 nmサイズのナノ粒子が形成
MeOH抽出液から調製したナノ粒子溶液による染色(綿布)
ナノ粒子由来の色調で染色されます
染色した綿布の抗菌力試験試
非常に高い殺菌活性を示します
(期待される効果・応用分野)
簡便・安価な方法で安定な金属ナノ粒子を調製することができます。得られたナノ粒子溶液は高濃度
なため,染料としても利用可能。ナノ粒子の発色は、構造上非常に安定した色素として利用できます。また本手法で染色した綿布は高い殺菌作用を示したことから、茶の機能性成分がナノ粒子上に集積していると考えられ,消臭・抗ウイルス効果等が期待できます。さらに金属ナノ粒子に起因する殺菌作用も示すことから,両方の性質を合わせ持った新規ナノ材料として利用することが可能です。
(共同研究・特許などアピールポイント)
特許第6562251号「金属ナノ粒子組成物の製造法」
有機合成的手法を用いた金属ナノ粒子の合成も行っています。
(コーディネーターから一言)
茶の抽出液で金・銀ナノ粒子を簡便、安価に合成する手法を開発。得られた粒子溶液は染料として利用でき、高い殺菌力を持つ繊維ができます。塗料や衛生品等、新素材の新たな用途を共同で開発する提案を求めています。
(研究分野)
材料化学,天然物化学,有機合成化学
(キーワード)金属ナノ粒子,機能性材料,染料,抗菌性

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 赤米抽出物には二日酔い防止・回復に効く作用がある

    赤米抽出物には二日酔い防止・回復に効く作用がある

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-03-18

    (研究の背景および目的) 日本の酒は文化そのものです。適度な飲酒は食欲増進、ストレス解消などの効果があります。一方で過度の飲酒は顔面紅潮、頭痛、眠気、吐気などの悪酔い、二日酔いの症状を引き起こすだけでなく、肝臓障害や膵臓炎などの症状を引き起こす可能性もあります。鹿児島県の種子島に伝承される赤米は熱帯ジャポニカ型と呼ばれるもので、黒米(紫黒米)よりも高い抗酸化活性を示します。私たちは赤米の抽出物の機能性を研究し、酒酔い防止・回復用組成物としての有用性を確認しました。 (おもな研究内容) 赤米抽出物...

  • 慢性痛における免疫細胞の役割を明らかにする

    慢性痛における免疫細胞の役割を明らかにする

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-03-18

    (研究の背景および目的) 慢性痛とは、傷が治る期間を過ぎても続く痛みです。本来、痛みには組織が傷ついたことを知らせるアラームという重要な役割があります。しかし、傷が治ってからもアラームが鳴り続けることがあり、これが慢性痛です。約20%の人が慢性痛を有していると考えられています。我々は手術麻酔やペインクリニック外来で、痛みの治療・緩和を行っています。痛みにおける免疫細胞や炎症の役割を解明し、痛みのメカニズムを探究することで痛みの治療法を改善することを目指しています。 (おもな研究内容) 痛みには、...

  • 脳腫瘍診断に特化したカスタム遺伝子パネル検査の開発

    脳腫瘍診断に特化したカスタム遺伝子パネル検査の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-02-07

    (研究の背景および目的) 近年、がんの診断・治療現場では、遺伝子変異に合わせて適切な薬物治療や集学的治療を採用する個別化医療が急速に発展しています。遺伝子パネル検査は、その際行われる遺伝子変異を総合的に解析し診断する手法です。特に脳腫瘍では、WHOによる統合病理診断が採用され、診断に遺伝子情報による分子分類が必須となりました。我々は神経膠腫診断に必要な48遺伝子による脳腫瘍に特化した遺伝子パネル検査 (Kagoshima Brain Tumor 48 OncoPanel)を開発、検査体制を構築し...

利用登録
する