産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

感音性片耳難聴者用補聴デバイスに関する研究

  • 公開日: 2019-12-09
  • 変更日: 2020-10-01
添付:PDFファイル

■研究・地域連携活動の背景・目的
片耳難聴者の原因が伝音性であれば補聴器で治療可能ですが、感音性の場合には治療が不可能であり、音の来る方向が分からず非常に不便を感じます。そこで音の来る方向を判断し、使用者に音源方向を振動で知らせるマイコン制御型補聴デバイスを研究開発しています。
■期待される効果などアピールポイント
この研究は、比較的短期間での実用化が期待され、町ぐるみでの試作や試用による性能評価などの研究開発を行うことで、「福祉に強い町」のイメージを作りあげることができると期待されます。
■研究・地域連携活動の概要紹介
感音性片耳難聴は補聴器で治療ができない難聴であり、片耳が聞こえないため音源方向が分からず、コミュニケーションが取りづらく、自動車のクラクションのような危険信号の方向も分からないため、日常生活で危険にさらされる場合も生じます。前述の通り、従来の補聴器では治療が不可能ですので、それに代わる「音源の方向」を使用者に指示することに特化した補聴システムの実現を目指した研究です。使用者への方向指示は、受動感覚(注意していなても反応しやすい)である聴覚の代替ですので、同じ受動感覚の触覚を使用し、小型振動子により振動を与えることで呈示ですることにしました。
図1に補聴システムの模式図を示します。両耳の耳かけユニットに内蔵したマイクにより集音され、駆動ユニット内の方向判別システムにより音源の来る方向を判断し、音の来た方の耳かけユニットの振動子を震わせ、使用者に方向を呈示します。図2に耳かけユニットの概略図を、図3に設計製作したマイコン制御型の駆動ユニットを示します。
現在は、耳かけユニット形状の最適化、駆動ユニットの小型化および音源方向判別システムに関する基礎研究を進めています。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 高効率で安定供給可能な小水力発電システムの開発

    高効率で安定供給可能な小水力発電システムの開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-12-09

    ■研究・地域連携活動の背景・目的 現代、エネルギー消費量が急速に増加していますが、主要エネルギー源である石油は、近い将来枯渇するといわれています。本研究室では再生可能エネルギーに注目し、その中で災害発生時の発電装置としても近年注目されている小水力発電システムの研究に取り組んでいます。 ■期待される効果などアピールポイント 今後、必ず起こりうる地震・津波発生時の非常用電源の普及として、本研究は期待されます。 ■研究・地域連携活動の概要紹介 【開発のポイント】 ① 小水量でも発電可能(形状からのアプ...

  • リアプノフ法による非線形制御システムの安定解析

    リアプノフ法による非線形制御システムの安定解析

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-12-09

    ■研究・地域連携活動の背景・目的 現実の多くの工学システムが非線形システムであることから、安定論の立場からいかに非線形性を克服していくかが重要である。リアプノフ法はシステムの漸近安定領域まで言及できるという点で有効であり、解析の糸口となるリアプノフ関数の構成法について研究を行う. ■期待される効果などアピールポイント 理論的な基礎研究なので産業界等との共同研究や応用などは現段階では難しいが、将来はバネの結合による機械システムやロボット、人工衛星などの工学システムの監視・制御技術に役立つものと思わ...

  • 植物油バイオディーゼル燃料の燃焼・燃料の研究

    植物油バイオディーゼル燃料の燃焼・燃料の研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-12-09

    ■研究・地域連携活動の背景・目的 植物油を原料としたバイオディーゼル燃料は、再生可能で、カーボンニュートラルな燃料であるため、地球温暖化の対策として将来有望な燃料です。このバイオディーゼル燃料の燃焼及び、燃料特性に関する研究を行い地球温暖化防止に寄与することを目的としています。 ■期待される効果などアピールポイント 植物油から製造されるバイオディーゼル燃料は、二酸化炭素の濃度を上昇させなず、地球温暖化対策に効果がある燃料である。 ■研究・地域連携活動の概要紹介 世界の年平均気温は、長期的には10...

利用登録
する