産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

ハイブリッドロケットエンジンの研究開発

  • 公開日: 2019-12-09
  • 変更日: 2020-10-01
添付:PDFファイル

■研究・地域連携活動の背景・目的
鹿児島県における地域振興・産業振興・大学における「コトづくり」教育および初等・中等教育における理科教育の促進のために、鹿児島県内で開発・設計・製造・打上げまで、一連のロケット開発を「鹿児島ハイブリッドロケット研究会」として独自に行う。
■期待される効果などアピールポイント
全世界レベルの大規模小型人工衛星通信ネットワーク構想等が着手されており、世界的に小型人工衛星の打上げ需要が増加しつつある。国内においても大学を中心として民間企業と共同で小型人工衛星を打上げる小型ロケットの開発が進められている。鹿児島県では鹿児島大学及び第一工業大学を中心として、県内のものづくりメーカの支援を受けながら開発を推進中である。
■研究・地域連携活動の概要紹介
【ハイブリッドロケットエンジンの研究開発】
従来、人工衛星は主に気象、通信、防災等の目的で活用されてきた。しかしながら、運用は特定エリアに限られ、期間も限定的であった。近年になり半導体等電子デバイスの高性能化により小、型でも機能を絞れば従来の人工衛星並みの性能が得られるようになってきた。即ち、小型人工衛星でも複数機運用することによりきめ細かい観測が可能となり、膨大な情報のビッグデータを構築することが可能になりつつある。上記のような背景を元に、世界的にも小型人工衛星の打上げ需要が増加してきている。
将来的に超小型人工衛星を打ち上げるために、安全で低コストな小型ロケットを開発することを目標しとて、2017 年に鹿児島大学において、「鹿児島ハイブリッドロケット究研会」が立ち上げられた。この研究会は鹿児島県における「コトづくり教育」、ひいては鹿児島県の地域振興・産業振興にも寄与することが期待されており、第一工業大学も共同研究機関として上記プロジェクトに参画している。
当面の目標としては、2019年度中に試作初号機を鹿児島県の海岸よりハイブドロリケッットの打上げ実験を予定している。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 魚臭さを低減化し、風味を向上させた魚醤油の製造方法

    魚臭さを低減化し、風味を向上させた魚醤油の製造方法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-07-26

    発明の概要 本発明は、魚醤油における特有の魚臭さを低減化した魚醤油の製造方法を提供することを目的とする。 本発明は、魚介類に、蒸煮したさつまいも、又は蒸煮したさつまいもと廃糖蜜、麹及び食塩を添加して魚醤油を製造することを特徴とする魚醤油の製造方法、この方法により製造される魚醤油及びこの魚醤油を含有する魚醤油含有調味料に関する。

  • 監視カメラ配置位置評価装置

    監視カメラ配置位置評価装置

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-07-26

    発明の概要 【課題】障害物が存在する監視対象領域に配置された複数の監視カメラにおける配置位置の評価を適正に行えるようにする。 【解決手段】非回折ボロノイ図作成手段202では、情報取得手段201で取得された監視対象領域情報および監視カメラ情報を用いて、各監視カメラの配置位置を各母点として監視対象領域の各領域について、各母点に係るボロノイ領域を拡張すると共に各母点からみた障害物の死角領域を非回折とする非回折ボロノイ図を作成する。そして、評価手段204では、非回折ボロノイ図を用いて、監視対象領域に配置...

  • 市民と恊働した海岸漂着ごみ等の実態把握手法の開発

    市民と恊働した海岸漂着ごみ等の実態把握手法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 平成21年7月、海岸漂着物等処理推進法が成立しました。海洋ごみ問題は、国際的な環境問題として近年話題になっていますが、全国的に見るとその多くは国内起源であり、海の流れに乗って国内間または海外へと地域を越えて被害を与えています。海洋ごみの発生抑制には、発生者の一人でもある私たちが、この問題に気付くことが必要です。本研究では、NGOと協力して市民参加型の海岸漂着ごみ等の実態把握手法を開発し、市民と共に調査活動を展開しています。 (主な内容) ●国際海岸クリーンアップ(Int...

利用登録
する