産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

静電気放電発生箇所検出方法及び検出装置 (特許第4931252号)

  • 公開日: 2019-05-27

本発明は,様々な実環境に,短時間で精度良く,静電気放電検知装置を設置し,放電を検知したら,その発生源を効率的に特定する技術です。電子関連業界をはじめ,放電現象が問題となる幅広い分野で活用できます。
本発明は,電子関連の製造現場などで深刻化している,静電気放電トラブルに対応するため,複数の受信アンテナを製造現場に精度良く設置し,放電を検出したら,双曲線法を用いて放電源の三次元座標を瞬時に算出し,放電源の位置を精度良く特定することができます。アンテナの設置と放電源の特定の際,レーザー距離計を用いる事で,条件の異なる様々な環境でも,精度良く,効率的に作業できることを特徴としています。
本発明は,静電気放電の発生を検知し,発生座標を算出し,発生位置を特定する方法や装置に関するものです。
従来の放電検知機では,放電発生を知らせるLED表示やブザー音を頼りに,試行錯誤しながら発生源を探し出していましたが,検出範囲が狭く,レスポンスも遅い等の問題がありました。このため,広い領域を一度に監視することは非常に困難でした。
本発明に基づく装置は,計測器(デジタルオシロスコープ),制御用PC,4本の受信アンテナ,アンテナ固定治具等で構成されています。監視領域の近くに,受信アンテナ①を設置する場所を決め,レーザー距離計を用いた位置合わせ治具を用いて,残り3本のアンテナをX軸,Y軸,Z軸上の任意の距離に設置します。静電気放電が発生したら,静電気放電に伴う電磁波が各アンテナに到達した時間差とアンテナ間の距離情報をもとに,双曲線法を用いて放電源の三次元座標を瞬時に算出します。算出された座標(放電源)の位置を特定する際は,受信アンテナ①をレーザー距離計の位置合わせ治具に交換し,算出された放電源までの角度情報や距離情報をもとに,レーザー光を放電源へ向けて照射し,反射板までの距離を確認することで,放電源の位置を短時間で高精度に特定することができます。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 2021-05-27

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 塑性加工の3次元実験シミュレーション方法及び装置 (特許第4771338号)

    塑性加工の3次元実験シミュレーション方法及び装置 (特許第4771338号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    本発明は,鍛造加工や押出し加工など時々刻々と3次元変形する材料内部情報を得て,金型設計の妥当性を評価する方法及び装置を提供します。 本発明は,樹脂製モデル型と金属材料の変形を再現可能な特殊ワックスを使用し,多数の鋼球を埋め込んだワックスの塑性変形に伴う鋼球の動きをステレオX線により視差撮影し,その視差画像を用いて加工の任意段階で鋼球の3次元座標を演算することで,材料内部変形の様子を可視化することを特徴としています。 本発明は,鍛造加工や押出し加工など時々刻々と3次元的に塑性変形する複雑形状部品の...

  • 藍植物からの藍染め法(特許第4660640号)

    藍植物からの藍染め法(特許第4660640号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    本発明は,簡便な方法で藍植物から赤紫の色素を生成,染色する特許です。草木染めとしては,比較的堅牢度が良い染色です。絹製品の染色に使えます。 本発明は,リュウキュウアイなどの藍植物の生葉を-20℃で冷凍処理したのち沸騰水で処理することにより赤紫色の色素を抽出する方法と,その色素を使い絹糸などを染色する方法を提供するものです。従来藍染めの原料として利用されてきた藍植物から簡単な操作で赤紫色色素を抽出することが出来ます。また,絹糸を淡い赤紫色に染色することができます。各種染色堅牢度は草木染めとして良好...

  • バリの発生を抑制して貫通孔を形成する方法 (特許第6142296号)

    バリの発生を抑制して貫通孔を形成する方法 (特許第6142296号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    本発明は,基部と軸部を有して,基部の軸部と反対側に突出する少なくとも2つ以上の角(つの)部にバリの発生を抑制して貫通孔を形成する方法を提供するものです。 少なくとも2つ以上の突出する角(つの)部の外側から内側に向けてプレス加工にて少なくとも2つ以上の角(つの)部に貫通孔を打ち抜き形成する孔加工工程と角(つの)部の内側から貫通孔の内側端面にプレス加工にて面取りを行う面取り加工工程と面取りされた貫通孔の孔内壁を角(つの)部の外側から切削加工する切削加工工程とで工程構成することで,生産性の向上とコスト...

利用登録
する