産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

高耐久性シラス瓦およびその製造方法 (特許第3787595号)

  • 公開日: 2019-05-27

シラスを全骨材成分の70~100%用い,従来品より5~20%軽量化し,従来品と同等以上の曲げ強度を有する耐久性に優れたシラス建築用板及びその製造方法です。シラス,セメント,水,流動化剤と,石英又は非晶質シリカ又は硬質岩の少なくとも1種を用いることからなるセメントモルタルを,加圧脱水成形することにより得られるものであり,かさ比重が1.7~2.3で,吸水率が小さく,曲げ強度と圧縮強度が大きく耐久性に優れるシラス建築用板を製造できます。
【技術分野】
本発明は,シラス40~60wt%,セメント25~30wt%,水10~16wt%,流動化剤0.2~0.5wt%の必須成分と,平均粒径0.1~1μmの石英0.1~3%または平均粒径0.1~1μmの非晶質シリカ0.1~3wt%または平均粒径0.5~3mmの硬質岩5~18wt%の少なくとも1種を用いることからなるセメントモルタルを,加圧脱水成形することにより得られるものであり,かさ比重が1.7~2.3で,吸水率が小さく,曲げ強度と圧縮強度が大きく耐久性に優れる高耐久性シラス建築用板およびその製造方法に関するものです。
【課題】
建築用板の補強には,石綿,ガラス繊維などの繊維状物質が使われるが,リサイクル時の粉砕工程で,繊維状物質がむき出しになって皮膚に刺したり,散乱して肺に突き刺さるなどの悪影響が懸念されるので,繊維状物質を用いることなく従来品と同等以上の強度を発現させることが課題です。
また,シラスは,細骨材として利用難い素材です。細かい粒度(150μm以下が11~46%占める),高い吸水率(自然状態で吸水率が10~40%),低真比重(真比重2.3~2.5)の理由からJISの細骨材に適合しません。更に,粒子の形が悪い(板状,角張った形状が多い)ので,生コンクリートにした場合に流動性が悪くなるという問題があります。
【解決手段】
本発明は,シラスを全骨材成分の70~100%用い,セメントと水と流動化剤と繊維状物質以外の無機添加材を組み合わせて,加圧脱水成形により,従来品より5~20%軽量化し,従来品と同等以上の曲げ強度を有する耐久性に優れたシラス建築用板およびその製造方法を提供するものであり,下記構成の発明です。
○いちおし
本発明は,シラスを全骨材の70~100%用いて,従来品より5~20%軽量化し,従来のセメント瓦やセメントボードと同等以上の曲げ強度を有する耐久性に優れたシラス建築用板及びその製造方法です。
○キーワード
加圧脱水成形セメント瓦,建築用板高強度,耐久性

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 2021-05-27

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 火山ガラスマイクロボールの開発

    火山ガラスマイクロボールの開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    火山噴出物であるシラスをふるい選別し,熱処理して発泡させたシラスバルーンは,建材や化粧品など様々な工業製品に活用されています。今回,数μm以下に微粉砕したシラスを造粒し熱処理する事で,シラスバルーンよりも粒子が微小で且つ真球の火山ガラスマイクロボールの開発に成功しました。 シラスを数μm以下まで微粉砕した後に造粒して,気流中で溶融させる事で,粒子を球状化させます。そのため形状は真球に近くなり,また内部構造は中空ではなく中実となります。 [火山ガラスマイクロボールとシラスバルーンの表面比較] 新開...

  • CLTを活用した在来軸組工法用高耐力壁の開発

    CLTを活用した在来軸組工法用高耐力壁の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    CLTの高耐力・高剛性を活かした在来軸組工法用の高耐力壁を開発するために,予備試験により,仕様の選定および壁倍率推定を行い,その結果をもとに実大サイズの耐力壁を作製後,面内せん断試験を行い,壁倍率の算定を行いました。その結果,壁倍率5倍を達成するための仕様が明らかになりました。 ①予備試験(各仕様のせん断性能比較) ②実大試験体での壁倍率の算定 ○いちおし CLTを適用した高倍率の耐力壁を使うことで,建築物の地震等への耐力が確保できるので,開放的な室内空間の実現など,設計の幅が広がります。 ○キ...

  • 複数金属部品の効率的な結合方法の開発

    複数金属部品の効率的な結合方法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    複数部品の結合を容易にする「かしめ部」を設けた加工技術について検討しました。この結果,突起形状を有するヒートシンクフィンの試作とかしめ加工によって,引張り強度を向上させつつ,従来のねじ止めに変わる効率的な結合方法を開発しました。 ○いちおし 部品に突起形状を設けて成形することで,複数部品を効率的に結合することができます。 ○キーワード 金属部品の結合,かしめ加工,鍛造加工

利用登録
する