産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

外国語学習に資する翻訳タスクの開発と検証

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
私の研究テーマは、外国語教育における「訳」タスクのあり方を実証的に検討することです。近年の英語教育ではコミュニケーション重視の指導法が主流ですが、その中で学習者の母語をいかに活用するかについて関心が高まっています。「訳」は、ことばへの気づきや異文化理解を促すために有効な言語活動です。訳出における学習者の認知プロセスを明らかにし、その効果を検討することで、母語である日本語を活用した英語教育のあり方について示唆を得たいと考えています。
(主な内容)
1. 翻訳するとき、学習者は何を考えているのか
英文を日本語に訳すとき、学習者の頭の中で何がおきているのか、どのようなことを考えているのかを、記述的に明らかにしようと試みています。具体的には、訳す過程での視線の動きやキーロガー(キー入力の記録ソフト)を用いた入力記録、あるいは事後アンケートや回顧法を用いたインタビューなどにより、訳す過程における課題解決の方法や葛藤の様子を調べています。
2. 学習者が翻訳したものを、教師はどのように採点・評価するのが適切か
従来、教室での訳は、主に理解が正確になされているか、原文に忠実に訳せているかという観点から評価されてきました。しかし実際の「よい訳」は、それに加えて、適切で読みやすい文体であり、必要に応じた補足や編集などが生じていることがあります。それらをどのように評価に組み込んでいくことができるかについて検討しています。
3. 翻訳タスクを通して、学習者はどのような力を身につけているのか
訳す活動には、(1) 言語習得が促進される(語彙や文法などの言語材料が定着する)、(2) 仲介能力(≒コミュニケーション能力)が養われる、(3) 言語感覚・言語意識が高まる、などの効果が考えられます。これらの観点から、「訳」は学習者の言語能力にどのような影響があるのかを検証しています。
4. 翻訳するテクストの違いは、訳出プロセスにどのような影響を与えるのか
詩や文学的な文章など、「使われている言語そのもの(ことばの使われ方)に意味がある文章」を訳すときと、ニュース記事や論説文など、「伝達する内容に焦点が当たっている文章」を訳すときでは、学習者の訳出方法や訳出態度に違いがあります。その違いが、言語習得の効果に違いを及ぼすのではないかという仮説のもと、その妥当性を検証しています。
(期待される効果・応用分野)
英語教育における訳出のプロセスと効果を検証することで、学習者の母語を活用した指導法や教材の開発に活用できます。
○ 学習者の母語を活用した教材や言語活動、指導法の開発
○ 英文和訳・和文英訳の新しい評価尺度の開発
○ 小・中・高の英語科教育(外国語活動を含む)における実証研究と授業改善
(共同研究・特許などアピールポイント)
● 鹿児島県中学校教育研究会英語部会 特別顧問
● 県内の小学校・中学校における校内研修会等での講師や指導助言
● 教員研修や研究会等での講演等
(コーディネータから一言)
近年の英語教育で軽視されがちな翻訳の効果を検証し、新たな指導法・教材の開発に活かす研究。英語・日本語双方の言語感覚向上が期待できます。小中学校の英語教育に関する研修会等での講演や指導助言を行っています。
(研究分野)
英語教育学、TILT(Translation in Language Teaching)
(キーワード)
通訳翻訳、文学教材、評価論、言語意識、ことばへの気づき、メディアリテラシー

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 市民と恊働した海岸漂着ごみ等の実態把握手法の開発

    市民と恊働した海岸漂着ごみ等の実態把握手法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 平成21年7月、海岸漂着物等処理推進法が成立しました。海洋ごみ問題は、国際的な環境問題として近年話題になっていますが、全国的に見るとその多くは国内起源であり、海の流れに乗って国内間または海外へと地域を越えて被害を与えています。海洋ごみの発生抑制には、発生者の一人でもある私たちが、この問題に気付くことが必要です。本研究では、NGOと協力して市民参加型の海岸漂着ごみ等の実態把握手法を開発し、市民と共に調査活動を展開しています。 (主な内容) ●国際海岸クリーンアップ(Int...

  • 魚介類の価値を高める品質維持・高品質化の技術研究

    魚介類の価値を高める品質維持・高品質化の技術研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 日本の水産業が久しく厳しい状況にあります。例えば、漁業生産量の減少、魚価低迷、漁業就労者数の減少と高齢化などの課題を抱えています。一方、グローバルに見ると、世界人口の急激な増加や食に対する安全・健康志向の高まりなど、水産物は重要食料資源の位置づけにあり、水産業には追い風が吹いているといえます。「日本の水産業の活性化」に必要となる、水産物の価値を高めるための品質維持方法や高品質化技術、および無駄なく利用する処理加工技術の研究に取組んでいます。 (主な内容) 最適な鮮度維持...

  • 微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 微生物には分解者と生産者という2つの能力があります。分解者の能力を用い、重油汚染の環境レメディエーション*、バイオディーゼル燃料の副産物処理および赤潮駆除への有効利用を図っています。生産者としては健全な魚介類を生育するためのプロバイオティクス(善玉菌)の開発、タンパク資源としての有用藻類およびバイオディーゼル燃料を生成する有用微生物の検索を行っています。分解者と生産者を同時に兼ねる光合成細菌による、排水処理と有用物質生産に関する研究も進行中です。 (主な内容) *レメデ...

利用登録
する