産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

「からだ」と「こころ」を繋ぐ食欲の脳科学

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
楽しい食生活は、食べ物がもたらす心地よい刺激と空腹感などの体の状態が協調して作られています。しかし何らかの原因でそれらのバランスが崩れると、お腹が空いていないのに食べ物を口に入れたくなる食パターンが肥満等の病気を引き起こすことや、空腹なのに食べられない障害に陥ることがあります。私たちは、脳の中で食べ物の情報と体の情報を統合している領域視床下部に、健康的な食生活を維持するメカニズムが潜んでいるのではないかと考え、その解明に取り組んでいます。
(主な内容)
(1)大脳皮質の特定の領域に、摂食行動や食欲を調節している部位があるかどうかを、マウスを用いて、行動薬理学的に調べています。私たちのグループは、低ストレス状態での長時間行動観察を行えるシステムを導入。細かな行動反応の変化も見逃しません。(2)大脳皮質の特定の領域のみの神経活動を亢進・抑制させることで、マウスの摂食行動との因果関係を徹底的に調べ、大脳皮質を介した摂食調節神経回路を明らかにしていきます。この実験には、オプトジェネティクスの技術を活用しています。(3)外界と体内の情報が統合されることで、どのように摂食行動は調節されているのでしょうか。私たちは、より客観的な体内状態の指標を得るため、摂食行動を予測させるような生体反応も探索しています。オプトジェネティクス:光を使う技術と遺伝学を組み合わせた研究分野。神経細胞に光を照射してその働きを操作したり、蛍光色素を神経細胞に導入して活動の様子を可視化できる。
(期待される効果・応用分野)
オプトジェネティクス:光を使う技術と遺伝学を組み合わせた研究分野。神経細胞に光を照射してその働きを操作したり、蛍光色素を神経細胞に導入して活動の様子を可視化できる。美味しく楽しい食パターンを維持するためには、食物を吟味することと同様に、脳の中にある摂食行動の調節メカニズムを理解することが必要になると考えています。この神経メカニズムの解明によって摂食行動に起因する病気の新しい診断基準や、治療ターゲットの有用な情報が得られるはずです。ダイエットや肥満治療、疾病・加齢等による食欲低下の改善策への応用が可能です。私たちが用いる客観的な食欲測定法は、新たな食育や多くの人に好まれる食品開発等にも役立つと期待されます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●生理学、神経科学、行動科学といった複数の側面から、より生命現象の本質に迫ることを目指しています。鹿児島大学内のみならず、国内外の研究者との共同研究を通して推進しています。
(コーディネータから一言)
食欲を増進・抑制する脳内のメカニズムを解明するための研究。食欲を制御する方法や物質を探索しています。機能性があって美味しい食品や療法食の開発に協力できます。脳科学から食欲等を解説するセミナーも可能です。
(研究分野)
神経科学 神経生理学 動物行動学 食環境学
(キーワード)
食欲 食欲 大脳皮質 神経システム

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 市民と恊働した海岸漂着ごみ等の実態把握手法の開発

    市民と恊働した海岸漂着ごみ等の実態把握手法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 平成21年7月、海岸漂着物等処理推進法が成立しました。海洋ごみ問題は、国際的な環境問題として近年話題になっていますが、全国的に見るとその多くは国内起源であり、海の流れに乗って国内間または海外へと地域を越えて被害を与えています。海洋ごみの発生抑制には、発生者の一人でもある私たちが、この問題に気付くことが必要です。本研究では、NGOと協力して市民参加型の海岸漂着ごみ等の実態把握手法を開発し、市民と共に調査活動を展開しています。 (主な内容) ●国際海岸クリーンアップ(Int...

  • 魚介類の価値を高める品質維持・高品質化の技術研究

    魚介類の価値を高める品質維持・高品質化の技術研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 日本の水産業が久しく厳しい状況にあります。例えば、漁業生産量の減少、魚価低迷、漁業就労者数の減少と高齢化などの課題を抱えています。一方、グローバルに見ると、世界人口の急激な増加や食に対する安全・健康志向の高まりなど、水産物は重要食料資源の位置づけにあり、水産業には追い風が吹いているといえます。「日本の水産業の活性化」に必要となる、水産物の価値を高めるための品質維持方法や高品質化技術、および無駄なく利用する処理加工技術の研究に取組んでいます。 (主な内容) 最適な鮮度維持...

  • 微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 微生物には分解者と生産者という2つの能力があります。分解者の能力を用い、重油汚染の環境レメディエーション*、バイオディーゼル燃料の副産物処理および赤潮駆除への有効利用を図っています。生産者としては健全な魚介類を生育するためのプロバイオティクス(善玉菌)の開発、タンパク資源としての有用藻類およびバイオディーゼル燃料を生成する有用微生物の検索を行っています。分解者と生産者を同時に兼ねる光合成細菌による、排水処理と有用物質生産に関する研究も進行中です。 (主な内容) *レメデ...

利用登録
する