産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

国際協力における心理支援ニーズに関する研究

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
近年、途上国に対する開発援助においては、一方的な物資の支援や技術の移転ではなく、人と人とのやりとりを通した「人づくり」が重視されるようになって来ています。災害支援においても心理支援ニーズの重要性は高まっています。しかし、これまでの国際協力活動での心理支援は実践が先行しており、心理支援ニーズの分析や有効な支援方法は何かという研究は行われて来ていません。本研究は【国際協力×臨床心理学】という枠組みで、支援に役立つ新たな知見を探索します。
(主な内容)
1)国際協力NGOが行う心理社会的支援プログラムに関する実態把握2)JICAが行うボランティア事業における心理職活用に関する実態把握3)心理支援を行っている国際NGOのケーススタディ4)国際協力人材データベースの分析5)海外の途上国に対する心理支援実態の調査政府機関国際機関NGO/NPO開発途上国への支援教育機関地方自治体企業投資家公益法人国際協力の概念図研究見取り図
(期待される効果・応用分野)
【国際協力×臨床心理学】という枠組みでの研究はほぼ存在しないため、心理支援の重要性が高まっている国際協力の現場に資する研究意義があります。国際協力活動における心理支援ニーズと心理職活用の実態について、量的・質的調査の手法を用いることで、心理職活用についての新たな知見が得られます。本研究によって相手国の内発性や主体性を引き出す心理的支援の過程が明らかにできれば、他職種や他分野における国際協力活動や災害後の心理支援等にも知見を活用することが可能です。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●国際協力分野での臨床心理学的視点の導入という意味で、グローバルな広がりを持つ研究です。●心理職のキャリア形成及び、国際協力を志向する高校生等のキャリア開発にも寄与できます。●育児相談等子どもの発達支援が専門分野です。
(コーディネータから一言)
国際協力における心理ケアの具体的方法に関する研究。実態調査とケーススタディを進行し、有効な心理支援の方法を明らかにします。育児相談、発達障害・虐待や外国人児童への心理支援にも対応できます。ご相談ください。
(研究分野)
臨床心理学 社会福祉学 国際医療福祉
(キーワード)
国際協力 国際協力 臨床心理学 児童虐待 母子保健 発達障害

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 魚介類の価値を高める品質維持・高品質化の技術研究

    魚介類の価値を高める品質維持・高品質化の技術研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 日本の水産業が久しく厳しい状況にあります。例えば、漁業生産量の減少、魚価低迷、漁業就労者数の減少と高齢化などの課題を抱えています。一方、グローバルに見ると、世界人口の急激な増加や食に対する安全・健康志向の高まりなど、水産物は重要食料資源の位置づけにあり、水産業には追い風が吹いているといえます。「日本の水産業の活性化」に必要となる、水産物の価値を高めるための品質維持方法や高品質化技術、および無駄なく利用する処理加工技術の研究に取組んでいます。 (主な内容) 最適な鮮度維持...

  • 微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 微生物には分解者と生産者という2つの能力があります。分解者の能力を用い、重油汚染の環境レメディエーション*、バイオディーゼル燃料の副産物処理および赤潮駆除への有効利用を図っています。生産者としては健全な魚介類を生育するためのプロバイオティクス(善玉菌)の開発、タンパク資源としての有用藻類およびバイオディーゼル燃料を生成する有用微生物の検索を行っています。分解者と生産者を同時に兼ねる光合成細菌による、排水処理と有用物質生産に関する研究も進行中です。 (主な内容) *レメデ...

  • 天然物質を利用した環境浄化

    天然物質を利用した環境浄化

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 鉱物、微生物、有機物は、天然の環境浄化物質として機能しています。粘土鉱物(*)による土壌や堆積物中の陽イオン固定、鉄鉱物によるヒ素汚染された地下水や鉱山排水の浄化、土壌中の腐植物質による重金属や有害有機分子吸着固定などがよく知られた例。これらは低コストかつ環境負荷をかけない高機能性材料として利用できます。その機能は、イオンや化合物の種類および溶液の化学的条件によって大きく変化するため、目的に合わせた材料の選択と反応条件の設定が重要になります。 (主な内容) *粘土鉱物:...

利用登録
する