産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

学校生活の基礎「学級」の人間形成論

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
日本において学級は、学習のための組織に留まらず、学校生活を営むうえでの基礎単位として位置づけられて、機能しています。つまり、学習・生活集団における人間形成の基盤です。私の研究は、学級における人間形成に関して、①子どもの人間形成を促す学級の機能とは何か、②日本における学級論はどのように変遷してきたか、そして、③現在求められる学級の人間形成とはどのようなものか、を明らかにすることを目的としています。
(主な内容)
学級の人間形成論に関して、次の3つの観点から研究を進めています。1 子どもの人間形成を促す学級の機能とは何か?◯教師と生徒、あるいは生徒相互の関わりにおける教育的機能について、「どのような 他者がある個人の発達を喚起するのか?」という問いに取り組んでいます。◯教育と発達の関係を理論化しようとした旧ソ連の心理学者レフ・ヴィゴツキーや、 彼以後のポスト・ヴィゴツキアンの教育・発達論、バフチンの他者論・対話論をも とに考察を進めています。2 日本における学級論はどのように変遷してきたか?◯戦後日本の教育実践史の変遷について、とくに1970年代後半の変化としての教育 的シニシズム状況に注目して、「この状況から脱却する方途は何か?」という問いに 取り組んでいます。◯この問いについて、教育的シニシズム状況から脱却する一つの方途として、共著 『ユーモアとしての教育論』のなかでユーモアという教育的態度を提示しました。3 現在求められる学級の人間形成とはどのようなものか?◯現在の教育的シニシズム状況において、「新自由主義的な消費者個人主義でも、集団 主義的画一化でもない学級の人間形成論とは何か?」という問いに取組んでいます。◯この問いについて、公立中学校への長期的なフィールド調査から「〈他者〉の分か  らなさを許容すること」を成長と捉えることが、新たな人間形成のヴィジョンとし て肝要であることを示しました。
(期待される効果・応用分野)
70年代後半からの社会の急激な変化の中で翻弄されてきた学校教育の課題を、特に中学校に焦点を当てて研究し、「学級」の人間形成論を展開しています。「教育的シニシズム」を脱却する手段を提示することで、学びから逃走する子どもたちやスクールカースト等々の問題を含む学級での人間形成について、解決策を示し得ると考えています。また、実際の学級経営や教師と生徒が関わる現場の状況改善に貢献することを期待して、研究を進めています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●『ユーモアとしての教育論−可笑しみのある教室へ』(現代書館)を共同研究の成果として共同執筆。教育的シニシズム状況に対抗する教師の教育的態度について論じました。
(コーディネータから一言)
学校教育の基礎単位「学級」での人間形成の在り方を研究。現在の課題から脱却する現実的施策を提案することが目的です。フィールドワーク調査に協力いただける、中学校を求めています。興味のある方はご連絡ください。
(研究分野)
学校教育(教育学)・教育方法学
(キーワード)
学級運営 ヴィゴツキー理論 教師のユーモア態度 教育的シニシズム状況

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 魚介類の価値を高める品質維持・高品質化の技術研究

    魚介類の価値を高める品質維持・高品質化の技術研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 日本の水産業が久しく厳しい状況にあります。例えば、漁業生産量の減少、魚価低迷、漁業就労者数の減少と高齢化などの課題を抱えています。一方、グローバルに見ると、世界人口の急激な増加や食に対する安全・健康志向の高まりなど、水産物は重要食料資源の位置づけにあり、水産業には追い風が吹いているといえます。「日本の水産業の活性化」に必要となる、水産物の価値を高めるための品質維持方法や高品質化技術、および無駄なく利用する処理加工技術の研究に取組んでいます。 (主な内容) 最適な鮮度維持...

  • 微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 微生物には分解者と生産者という2つの能力があります。分解者の能力を用い、重油汚染の環境レメディエーション*、バイオディーゼル燃料の副産物処理および赤潮駆除への有効利用を図っています。生産者としては健全な魚介類を生育するためのプロバイオティクス(善玉菌)の開発、タンパク資源としての有用藻類およびバイオディーゼル燃料を生成する有用微生物の検索を行っています。分解者と生産者を同時に兼ねる光合成細菌による、排水処理と有用物質生産に関する研究も進行中です。 (主な内容) *レメデ...

  • F.スコット・フィッツジェラルドのロマンティシズム

    F.スコット・フィッツジェラルドのロマンティシズム

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 『グレート・ギャツビー』や村上春樹の翻訳で知られるF.スコット・フィッツジェラルド(18961940)は、アメリカのモダニズム文学またロスト・ジェネレーションの代表的作家です。彼の作風はしばしば「ロマンティック」と称され,“romantic(ism)”という語とフィッツジェラルドの親和性は非常に高いものです。しかし世界文学史上、この語の指し示す対象は非常に幅広いものです。ヨーロッパ起源の“romanticism”が20世紀アメリカのモダニズム作家であるフィッツジェラルド...

利用登録
する