産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

「香り」による自律神経系調節の神経メカニズム

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
種々の香りを嗅ぐことで多様な感情・気分の変化が起こり、同時に循環(心拍数や血圧等)や呼吸、発汗といった自律神経応答が現れることを、私たちは経験的に知っています。しかしながら嗅覚の解明は遅れていて、これらの応答を引き起こす脳内の神経メカニズムについての科学的な研究はまだ始まったばかりです。私たちの研究チームでは、ヒトとよく似た嗅覚中枢を持つラット、マウスをモデル動物に用いて、「香り」と「情動・自律神経応答」を結びつける神経回路を研究しています。
(主な内容)
嗅覚中枢における自律機能領域のマッピング自律機能領域への匂い入力マッピング匂い刺激による自律神経応答・情動応答の記録嗅覚二次中枢(嗅皮質)内で各種自律神経応答を惹起する部位を同定する。嗅球ニューロンの逆行性標識嗅皮質自律応答部位へ入力する一次嗅覚中枢(嗅球)ニューロンの同定匂い刺激に対する自律神経応答、嗅覚中枢反応、自律中枢反応を記録・観察する。嗅皮質微小刺激に嗅皮質におけるよる動脈圧変動昇圧領域マップ自律神経・情動行動を惹起する匂いの当たりがつく!匂い刺激による動脈圧と呼吸パターン変動
(期待される効果・応用分野)
これまで科学の言葉で語られることの少なかったアロマテラピーを、脳科学(特に神経理生理学)の視点で解明していきたいと考えています。香りによる身体反応の根拠を検証する本研究により、より効果的に情動や自律神経系を調節できる「香り」の探索や開発が可能になることが期待されます。将来的には、高血圧や頻脈といった循環系疾患、発汗異常、睡眠障害等の緩和に、科学的根拠を持つ「香り」が役立てばと考えます。内服薬に頼らない体に優しい医療としての展開も可能になります。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●本研究の一部は、東京大学医学部との共同研究で行われています。●本研究に関連して、大手化粧品メーカー、食品メーカー、香料会社等と共同研究・意見交換を行っています。
(コーディネータから一言)
「香り」による感情や身体反応の変化を脳科学で解明する研究。アロマテラピーの科学的根拠を検証し、香りによる自律神経系の調節を目指します。「香り」に注目した新商品・新サービスなどの研究開発に協力できます。
(研究分野)
感覚生理学 自律神経生理学
(キーワード)
脳科学 香り 自律神経中枢 嗅覚中枢 アロマテラピー

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 微生物には分解者と生産者という2つの能力があります。分解者の能力を用い、重油汚染の環境レメディエーション*、バイオディーゼル燃料の副産物処理および赤潮駆除への有効利用を図っています。生産者としては健全な魚介類を生育するためのプロバイオティクス(善玉菌)の開発、タンパク資源としての有用藻類およびバイオディーゼル燃料を生成する有用微生物の検索を行っています。分解者と生産者を同時に兼ねる光合成細菌による、排水処理と有用物質生産に関する研究も進行中です。 (主な内容) *レメデ...

  • 好塩性酵素の分子メカニズム解明による産業活用

    好塩性酵素の分子メカニズム解明による産業活用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 高濃度塩環境で生育する好塩性酵素は、高い塩濃度で働けるだけでなく、非常に溶解性が高く、熱や変性剤に強いものが多いという産業に活かせる特徴を持っています。しかし有用性の反面、塩が無い環境下では構造が保持できないために、実際に活用するのは困難でした。我々は好塩性酵素の好塩性メカニズムを分子レベルで解明する事により、好塩性酵素の特殊能力を産業に活かすための足がかりとなる研究を進めています。 (主な内容) みそ・醤油、塩辛等の塩蔵食品等に見出される、高度好塩菌の生育には2.5M...

  • 微生物との共生機構を応用した「植物力」の増強

    微生物との共生機構を応用した「植物力」の増強

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 低炭素社会の実現と持続的な農業システムの確立には、植物本来の能力(=植物力)を充分に引き出し活用する新しい技術が必要です。見過ごされがちだった植物と微生物との相互作用の仕組みには、新技術に結びつくヒントが隠されています。私たちはマメ科植物と根粒菌の共生関係を中心として、相互作用の成り立ちを、分子や遺伝子のレベルで明らかにすることに取組んでいます。得られた知見を、元気でよく育つ植物や病気・環境ストレスに強い植物などの開発に結びつけることが目的です。 (主な内容) 「植物力...

利用登録
する