産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

微生物による環境改善および食品・バイオマスへの有効利用

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-26
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
微生物には分解者と生産者という2つの能力があります。分解者の能力を用い、重油汚染の環境レメディエーション*、バイオディーゼル燃料の副産物処理および赤潮駆除への有効利用を図っています。生産者としては健全な魚介類を生育するためのプロバイオティクス(善玉菌)の開発、タンパク資源としての有用藻類およびバイオディーゼル燃料を生成する有用微生物の検索を行っています。分解者と生産者を同時に兼ねる光合成細菌による、排水処理と有用物質生産に関する研究も進行中です。
(主な内容)
*レメディエーション:有害物質で汚染された自然環境を有害物質を含まない元の状態に戻す処理。タンカー事故などで流出する重油汚染を軽減するための重油分解菌の分離と応用に関する研究。バイオディーゼル燃料(BDF)の生成過程でできるグリセリン等の副産物の微生物分解処理。赤潮やアオコなど有害藻類の駆除に微生物や化学薬剤を応用する研究。健全な魚介類を生育するためのプロバイオティクス(善玉菌)の開発。スピルリナ*などの藻類から色素やタンパク質を抽出し有用成分を利用する研究。バイオディーゼル燃料となる脂質を生成する藻類や細菌類の検索。光合成細菌による畜産排水や焼酎かす処理とその光合成細菌の餌料等への有効利用に関する研究スピルリナ:アフリカ、中南米の湖に自生する熱帯性の藻類。タンパク質等の栄養素や色素を多く含み、食品・天然染料として培養・生産されている共同研究中のBDF製造装置重油分解細菌やプロバイオティクス菌のストック有用物質を生産する微生物(スピルリナなど)
(期待される効果・応用分野)
微生物の専門家として海洋分野に限らず、広範囲に渡る微生物利用を想定しています。水、エネルギー、食品、畜産、水産など多様な分野との融合研究や共同開発を行ってきました。とりわけ海洋バイオマス分野では、二酸化炭素の負荷軽減や水産未利用資源の有効活用など、海洋資源からの視点にとどまらず、地球環境保全に重点を置いた研究にも従事しようと考えております。いわゆる“エコテクノロジー分野”で様々な発展が期待できる研究を展開しています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
・特願平06-177456高度不飽和脂肪酸の製造法・特願2003-179973水系環境改善維持方法・特願2006-015164汚損生物駆除素剤・特願2003-179974赤潮発生防止剤および防止方法・特願2005-16313焼酎カスの処理法および有効利用・特許第3699987号光合成細菌およびラン色細菌
(コーディネータから一言)
微生物による環境改善、藻類や微生物による有用物質生産に取り組む微生物の専門家。多様な分野との融合研究、企業等との共同研究に積極的に取り組んでいます。微生物による様々な課題解決をサポートできる研究です。
(研究分野)
環境微生物学 応用微生物学 分子微生物生態学 エコテクノロジー
(キーワード)
微生物活用 環境改善 赤潮駆除 重油汚染 BDF 善玉菌 スピルリナ 光合成細菌 バイオマス

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 食品の機能性・安全性の網羅的評価システム~食品開発への応用

    食品の機能性・安全性の網羅的評価システム~食品開発への応用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 食品の健康増進機能や安全性を単一の手法や対象で評価することには限界があり、しばしば反映しないことがあります。そのために、より多方面・網羅的な評価手法の開発が求められています。本研究室は、食品の健康増進機能・安全性を実験動物から細胞・タンパク質・遺伝子に至るまで網羅的に評価するシステムを構築しています。これらの評価システムを用いることで、食品の機能性・安全性および作用機構を解析し、安全で健康増進機能を持つ食品の開発に応用できます。 (主な内容) 食品の機能性食材、未利用食...

  • 野生霊長類の生態と社会に関する研究

    野生霊長類の生態と社会に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 現生あるいは化石の霊長類について調べることで、ヒトの進化を明らかにしようとする学問を霊長類学と言います。ヒトを含め、霊長類の多様な社会が、なぜ、どのように進化したのかを明らかにするため、野生のニホンザル、チンパンジー、ゴリラを対象に、繁殖戦略や生活史に関する研究を行ってきました。また、野生動物の行動や生態に関する基礎情報は、動物の保全や管理に活かすことが可能です。 (主な内容) ◆ゴリラの生活史に関する研究 ゴリラは一般的に一夫多妻で、オスは成長すると生まれた群れを出ま...

  • 子宮頸がんに対する妊孕性温存手術法の確立

    子宮頸がんに対する妊孕性温存手術法の確立

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 子宮頸がんは若い女性に多く発症し、30代、40代の女性では乳がんについで多いがんです。ある程度進行した子宮頸がんがみつかると、やむなく子宮を摘出する必要が出てきます。一方、日本では晩婚化、出産年齢の高齢化が着実に進み、治療後も妊娠・出産を望む患者さんが多い現状があります。当科ではこのような場合に、子宮頸部だけを摘出することで、妊孕能(にんようのう:妊娠できる能力)を温存する手術法の標準化を目指した研究を行っています。 (主な内容) ●子宮頸がんに対する治療法と合併症 子...

利用登録
する