産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

電子機器の熱問題を解決する高性能冷却システムの開発

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
電子機器の作動には冷却部材が不可欠です。電子デバイスの高性能化に伴い発生する熱量は飛躍的に増加し、機器の故障や寿命減、冷却装置の巨大化が問題となっています。冷却装置の限界により、高輝度LEDを低輝度でしか点灯させられない事態も起きています。本研究「FGHP(高性能フラットヒートパイプ型ヒートスプレッダ)」は、高性能かつ省スペースの画期的な新規冷却部材。FGHPをコアとする最適な冷却システム開発を実現することで、種々の熱問題の解決を目指しています。
(主な内容)
製品例:幅40mm,厚さ1.2mm内部のウイック・蒸気路を(株)モレックス喜入の高精細エッチング技術を駆使して形成することにより、内部構造の精密な制御が可能!熱拡散性能に優れ、発生した熱を速やかに拡散させ、ホットスポットを発生させないことによって、熱源の温度上昇を抑制!
(期待される効果・応用分野)
●有効熱伝導率が約1800W/(m・k)と高く、8MW/m2超の超高熱流束に対応可能●小型で薄く、姿勢影響を受けずに機能するため、機器のデザインを邪魔しないFGHPは半導体など電気電子デバイス冷却の決定打となり得る冷却デバイスとして注目されています。FGHPをコアとする高性能冷却システムを用いることによって、以下の実現を目指します!1.機器開発において現在、解が見出せない深刻な熱問題へのソリューションの提供2.ヒートシンクなど、冷却システム全体の小型化による、狭小空間における高性能な冷却の実現3.「液冷」を「空冷」化するなど、冷却システムの簡素化による、冷却エネルギー消費の低減
(共同研究・特許などアピールポイント)
●株式会社モレックス喜入との共同研究を通して、10件以上の特許出願実績があります。また平成17年度から現在に至るまで、経済産業省補助金をはじめとする数多くの外部資金を獲得し、共同研究を行っています。
(コーディネータから一言)
地元企業と共同開発した画期的冷却デバイス「FGHP」。現在、数社と提携して機器開発が進行中です。高熱流束、狭小空間、静音性への対応を中心に、冷却システム開発に協力できます。熱問題の悩みをご相談ください。
(研究分野)
移動現象論 伝熱工学 可視化情報工
(キーワード)
冷却技術 フラットヒートパイプ 熱流体シミュレーション 流体速度・温度・濃度の可視化計測

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 血栓や止血異常など血液凝固疾患の新規診断法

    血栓や止血異常など血液凝固疾患の新規診断法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 血液凝固の異常(血栓)は突然起こります。脳梗塞や心筋梗塞はある日突然起こり、命に関わったり、重大な後遺症になる病気です。また感染症が重症化すると血液凝固異常(DICという状態)になり、早期に対応しないと死に至ります。近年寿命の延伸と診断技術の向上により、動物でも同じ事が問題となっています。血液凝固疾患は早期診断と治療(予防)が大切ですが、現状の検査は血液だけ。血液と血流、両方を評価する新規診断装置を用いてヒトにも適用できる早期診断法を研究しています。 (主な内容) 血液...

  • ヒトの臓器をブタの体内で育てるための免疫不全ブタの作成

    ヒトの臓器をブタの体内で育てるための免疫不全ブタの作成

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 病気や事故で失った部分を自己の組織・細胞を用いて補う治療(再生医療)の研究が、注目を集めています。しかし、自己の幹細胞を培養し、そこから心臓や肝臓をまるごと作成することは現段階では不可能です。そこで、生理的にヒトに近いブタに幹細胞を移植し、ブタの体内でヒト臓器を形成させることを考えています。そのためには、ヒトの細胞を拒絶することなく受け入れる免疫不全ブタを人為的に作成する必要があります。本研究は、免疫不全ブタの作成に関するものです。 (主な内容) 免疫不全ブタを作成する...

  • 焼酎粕を用いた漁業用餌料の開発

    焼酎粕を用いた漁業用餌料の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 現在の漁業用餌料には人間の食料となるサバ類,イワシ類などが使用されています。近年,水産資源が減少している一方で,健康食ブームによる水産物需要が高まっていることから,食品残渣などを有効活用した代替餌料の開発が求められています。焼酎粕には,魚類を誘引するアミノ酸成分などが多く含まれていることから,これらを有効利用して,新たなリサイクル餌料の開発に取り組んでいます。 (主な内容) 焼酎粕餌料の作製方法はじめに真水を煮沸させ,その中に寒天末を混ぜて十分に溶かします。その中に焼酎...

利用登録
する