産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

新規の骨髄由来細胞による認知症改善治療戦略の提案

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
現在、再生医療には体内に存在する体性幹細胞が応用されています。造血系幹細胞は白血病治療に、骨・筋肉・脂肪など異なる細胞に分化できる間葉系幹細胞は、様々な組織障害の治療に使われます。私たちは「脳・骨髄相関(ストレス状態での骨髄内細胞が脳に及ぼす影響)」の研究を続ける中で、偶然に加齢による記憶減退を改善できる骨髄由来細胞を発見しました。MIRCS(MemoryImpairment-Recovering Cells)と名付けたこの細胞を、認知症治療に応用するための基礎研究を進めています。
(主な内容)
 
(期待される効果・応用分野)
ヒトのMIRCSの同定と効果が実証できれば、MIRCSは画期的な認知症対策となる可能性があります。●目指す新たな特許(共同研究可能な項目)1)MIRCSの高効率製造方法、2)MIRCS由来の活性因子Xを使った認知症改善製剤、3)活性因子Xを使った認知症診断方法●企業への技術移転1)MIRCS:細胞製剤、2)活性因子X:医薬品・診断薬MIRCS由来の活性因子Xを、認知症の診断薬や治療製剤に応用すべく連携先を求めています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●特許第6391364号:「認知機能障害改善細胞製剤」登録日H30年8月31日●漢方薬理学講座では、漢方・補剤を使ったフレイル(こころとからだの老化)予防・治療戦略についての研究も継続している。
(コーディネータから一言)
記憶減退の改善効果を見出した骨髄由来細胞の認知症への臨床応用を目指す研究。認知症治療に新たな突破口を拓く可能性があります。幅広い分野の研究者・企業との連携が可能です。お問合せ・ご相談をお待ちしています。
(研究分野)
認知症
(キーワード)
認知症 認知症 アルツハイマー病 骨髄 再生医療

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 人と動物の比較病態解析により双方の病気を解明する

    人と動物の比較病態解析により双方の病気を解明する

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 全ての生物の設計図であるゲノム遺伝子はATCG(*)という4種のコードの組み合わせでできています。これは人も犬や猫,牛や馬も同じです。生物が病気になるときは,必ずこの遺伝子に何らかの変化が生じます。人の病気の治療は実験動物をモデルにして研究しますが,私たち獣医は実際の病気に罹患した動物を対象に、人と同じように診断治療を行っています。本研究は動物の病気を遺伝子の変化に着目して解明し人の病態と比較することで、動物医療・人医療双方へ貢献することを目指しています (主な内容) ...

  • マダニの抗微生物ポリペプチド ~抗菌剤など新用途開発に向けて~

    マダニの抗微生物ポリペプチド ~抗菌剤など新用途開発に向けて~

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) マダニはSFTS(重症熱性血小板減少症候群*)ウイルス等のウイルス、リケッチャ(細菌の一種)、ピロプラズマ原虫などの病原体を媒介し、人や家畜に甚大な被害を及ぼす最大の害虫です。強力な病原体の媒介者であるマダニは、進化の過程で病原体への抵抗性を確立したと想定されます。我々はマダニが持つ病原体への防御機構に着目し、生物活性分子に含まれる自然免疫関連分子を単離しました。この分子「HEディフェンシン」の機能を抗ウイルス・抗菌剤や医薬品へ活用することを目指しています。重症熱性血小...

  • 小学校におけるスクールカウンセリングの支援モデル

    小学校におけるスクールカウンセリングの支援モデル

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 小学校へのスクールカウンセラー(以下SC)配置の拡大に伴い,学童期におけるスクールカウンセリングのあり方が注目を集めています。小学校期のSC活動の特徴として,不登校と発達障害に関する相談が多いことが指摘されています。その一方で,個別に異なる背景や症状を持つ個々の児童への支援における,SCの役割や支援活動の実態は十分に明らかになっていません。以上の問題意識のもと,小学校における効果的なスクールカウンセリングの実践とSCのあるべき姿を探索します。 (主な内容) ユーザーであ...

利用登録
する