産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

水生動物の感覚と行動特性に基づいた行動制御技術の開発

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
魚も人と同じように五感を備え、それらのセンサーを巧みに利用して環境の変化に反応しています。 私の研究室では、水生動物の感覚機能と行動特性を主に研究しています。どんな環境変化(刺激)が、どのような行動変化(反応)に現れるかを解明できると、意図した行動を誘発することが可能です。 本研究から得られた成果を、魚を取る道具の開発や 魚類の行動を制御する技術開発へ応用することで、漁業現場に貢献する取組みを実施しています。
(主な内容)
環境の変化 (刺激)生体内のメカニズム(ブラックボックス)生物センサー (感覚器)筋肉系 (運動系)行動変化 (反応行動)環境変化への反応行動は、感覚器で捉えた刺激の情報を中枢神経系での処理を介して、筋肉系へ命令がなされることで 行動変化として表れると考えられます。意図した行動の誘発には、感覚機能や刺激への反応行動の研究が鍵となります。○LED集魚灯の開発(産学共同研究)海水中での波長別光透過特性を定量評価、かつ漁獲対象種の視覚特性(波長に対する感度)を解明し、集魚灯に適した 波長を放射する光源設計に応用。地元メーカーとの共同研究で、省エネ・高効率のLED集魚灯の製品化に成功しました。光の波長と水中での透過性および魚の視感度の 関係。500nm付近に両方のピークがあると判明 研究成果に基づき、メーカーと共同 開発した1kW・LED水中集魚灯開発集魚灯を搭載した漁船。燃料消費や漁獲高 等のデータを収集し、2割以上の燃油削減を実証
(期待される効果・応用分野)
本研究の成果であるLED集魚灯は、魚類の視覚特性・海水の光学特性の研究と、地元メー カーが有 する高輝度LED照明技術の融合により製品化。燃油コストとCO2排出量の削減に寄与する次世代集 魚灯として、東南アジアなど海外展開も目指しています。私たちは漁 業に携わる方と一緒に研究を進 めてきました。魚類の行動を科学的に解明することで、 漁業の発展と漁業者の生活向上につながる技 術を開発することが目標です。漁業現場の 課題を企業・機関と共同で解決する研究を進めて行きます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●魚の感覚・行動研究に基づく企業との共同研究事例 ・水中での漁具挙動や生物行動の観察に欠かせない水中カメラの開発 ・焼酎粕を有効活用した釣り用集魚餌料の開発。
(コーディネータから一言)
魚類の感覚と行動特性の解明を魚の行動制御や漁具開発に応用する研究。高効率のLED 集魚灯の製品化を実現しました。漁業現場の課題を解決し発展につながる研究が目標です。 漁業者・企業からの相談をお待ちしています。
(研究分野)
水産動物行動学 漁業学
(キーワード)
漁業技術 水生動物の感覚と行動 漁業技術改良

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 水資源の有効利用、開発そして保全

    水資源の有効利用、開発そして保全

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 現代社会において、安全できれいな水の確保は、あらゆる人間活動の根幹をなすものです。特に農業分野では、水は食料を生産するための不可欠な資源です。しかし近年、様々な人間活動に由来して水源が劣化し、さらに地球規模での気候変動が地域の深刻な水問題を引き起こしています。本研究では、水資源の確保と有効利用及び水環境の保全について、ローカルな研究対象への調査・実験を行い、独創的な研究成果として世界に発信しています。 (主な内容) 島嶼水資源確保のために建設された地下ダムと見えない地下...

  • 塑性加工における表面テクスチャと潤滑剤の有効活用

    塑性加工における表面テクスチャと潤滑剤の有効活用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 塑性加工における金型と金属間の潤滑技術は、製品の表面品質(硬度や滑らかさ)や製品加工限界の向上、加工動力(エネルギー)の低減、金型寿命の延長(経費削減)へ貢献します。このことは生産性向上だけでなく、エネルギーや材料の消費削減の結果として、環境保全・地球温暖化防止へ寄与します。塑性加工における潤滑性の向上や表面品質向上を目的として、工具表面に微細穴加工や微細溝加工などを施し、工具表面テクスチャ(表面性状)と潤滑剤の活用方法について研究を行っています。 (主な内容) 工具接...

  • 伴侶動物(ペット)の腎臓病

    伴侶動物(ペット)の腎臓病

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 犬や猫などの伴侶動物(ペット)は今や大切な家族の一員として扱われ、動物に対してもヒトと同等の医療を望む声が高まっています。近年、犬・猫の寿命は著しく延長していますが、ヒトの高齢化社会と同じく、高齢化による腎臓病の増加が大きな問題になっています。しかしながら、犬、猫の腎臓病に関しては、その病態メカニズムが明らかになっていないのが現状です。病態メカニズムを解明し、新しい診断・治療法を開発することで動物医療の高度化に寄与することが本研究の目的です。 (主な内容) 犬、猫の腎臓...

利用登録
する