産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

超高圧処理による機能性材料の開発

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
通常の気圧条件とは異なる超高圧の条件下で誘発される特異な相互作用を利用した機能性材料の開発を目指しています。ここでとりあげる超高圧条件とは1,000気圧以上10,000気圧程度までの範囲で、圧力効果を系全体に一様に適用し、短時間での処理が可能なことが利点です。これまでに新たな機能性材料としてポリビニルアルコール(PVA)とシリカ粒子のナノレベルでの複合体や超高分子量体の刺激応答性高分子の調製にも成功しています。
(主な内容)
刺激応答性高分子:光や温度、phなど、刺激(環境変化)に応じて、形状や物性を変える特性を持つ。感知、判断と言った高度機能を備えた知的材料として注目されている
(期待される効果・応用分野)
超高圧条件下では無機・金属と高分子の複合化や様々な高分子合成が可能になります。とくにシリカ粒子とPVAや刺激応答性高分子とのナノレベルでの複合化、また刺激応答性高分子ゲルの調製が可能です。刺激応答性高分子が複合された機能性材料は、温度や光などの外部環境に応じた色素や薬剤などの固定化・放出も制御可能であると予想されます。新機能を持つ化粧品やトナー等充填材の開発、また無機・金属(触媒)表面への強度や機能性を高める被覆処理などへの適用が期待できます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●特開【2003-26177】高圧により形成される分子複合体発明者;岸田晶夫,山元和哉,古薗勉,吉澤秀和
(コーディネータから一言)
1000気圧以上の超高圧条件で機能性材料を開発する研究。刺激応答性高分子を含むナノ複合体も調製可能なため、高機能商品開発への応用が期待できます。興味を持つ企業等の要望による可能性の広がりを希望しています。
(研究分野)
高分子化学
(キーワード)
機能性材料 超高圧 リビングラジカル重合 自己組織化 刺激応答性高分子

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 現代政治・戦後日本政治・政策研究・公共哲学

    現代政治・戦後日本政治・政策研究・公共哲学

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 2009年は選挙による政権交代が行われ、一般国民の政治に関する関心も高まっています。しかし、日本人の政治不信には、根強いものもあります。現代日本政治、特に戦後日本政治と、近代化以降の日本の政策分野の移り変わりを研究。今につながる課題がいつ頃発生し、どう解決されか、または持ち越されたか?我々は今後、どこに行こうとしているのか?政治と政策の研究を通じて、日本がより良い国になる為の方策を考えるのが、私の研究テーマです。 (主な内容) 1.戦後の日本政治研究我が国の戦後政治につ...

  • 未利用資源作物の栽培技術の確立と新たな利用法の開発

    未利用資源作物の栽培技術の確立と新たな利用法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 世界的規模で地球温暖化、沙漠化が進行しています。温暖化・沙漠化による高温・乾燥・塩類集積など、不良環境下で作物が受ける生理生態的影響と耐性メカニズムの解明、不良環境下で育つ耐性作物や植物の農学的利用法を研究課題としてきました。塩生植物の栽培が土壌の塩分を除去し、乾燥に強い植物が乾燥地の緑化を促進するなど、植物による不良環境の修復や、未利用植物・作物を飼料、油料、繊維料等として利用するための栽培技術の確立と新たな利用法の開発が、本研究の目的です。 (主な内容) ・CO2吸...

  • 天敵ウイルスによる茶害虫チャノホソガの防除

    天敵ウイルスによる茶害虫チャノホソガの防除

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) チャノホソガは「三角葉巻(サンカクハマキ)」とも呼ばれ、茶葉を巻いてその中に糞を貯めるために生茶品質を低下させ、茶葉の生産にダメージを与えます。チャノホソガの天敵としてはチャノホソガ顆粒病ウイルスが知られていますが、防除策としては実用化されていません。本研究はチャノホソガ顆粒病ウイルスの病原性を確認するとともに、実用化に向けての利用方法を研究、農薬の使用を低減させる防除策の確立を目的としています。 (主な内容) チャノホソガの大量飼育チャ生葉による潜葉期の飼育人工飼料に...

利用登録
する