産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

天敵ウイルスによる茶害虫チャノホソガの防除

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
チャノホソガは「三角葉巻(サンカクハマキ)」とも呼ばれ、茶葉を巻いてその中に糞を貯めるために生茶品質を低下させ、茶葉の生産にダメージを与えます。チャノホソガの天敵としてはチャノホソガ顆粒病ウイルスが知られていますが、防除策としては実用化されていません。本研究はチャノホソガ顆粒病ウイルスの病原性を確認するとともに、実用化に向けての利用方法を研究、農薬の使用を低減させる防除策の確立を目的としています。
(主な内容)
チャノホソガの大量飼育チャ生葉による潜葉期の飼育人工飼料による巻葉期の飼育チャノホソガの幼虫は前半の潜葉期(葉に潜る)と後半の巻葉期(葉を巻く)に分かれるウイルスの大量増殖効率的なウイルス接種方法効率的なウイルス回収方法ウイルスは生きた細胞でしか増殖しない幼虫の体を使ってウイルスを増やす茶園における効果の実証効果的なウイルス散布方法野外における病原性の持続性ウイルスの散布時期・散布濃度などウイルスは紫外線により不活化しやすい
(期待される効果・応用分野)
天敵ウイルスによるチャノホゾガの生物的防除を行うことができれば、農薬の使用回数を低減させることが可能になります。消費者が求める、より安全な茶生産が可能になるため、茶業の振興に寄与できると考えます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●研究用ウイルスの大量増殖に必要なチャノホソガ人工飼料は確立済み。今後は効率的な接種方法等を研究。効果的な散布方法などの実証研究を共同で行う茶園等の協力先を求めています。
(コーディネータから一言)
茶品質を大きく低下させる茶害虫チャノホゾガの駆除に、天敵ウイルスを使う生物的防除策を確立する研究。農薬を減らし、安全な茶生産を可能にします。実用化されれば、鹿児島茶のブランド化にも寄与できる研究です。
(研究分野)
作物保護 昆虫病理学
(キーワード)
茶 チャノホソガ 茶 害虫 天敵利用 ウイルス

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 自治体の政策立案における法政策の検討プロセス

    自治体の政策立案における法政策の検討プロセス

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 地方自治体は地域の経営主体として、地域課題を自ら積極的に発掘し、当該課題を解決していく必要があります。こうした地域課題を解決するために必要となるのが法政策です。法政策とは、目的及び手段からなる活動体系を規範化(=ルール化)したものですが、規範化に当たっては適法かつ効率的であり、憲法価値に反しないものにしなければなりません。「条例」「規則」「要綱」のどれを選択するかも重要です。法政策の立案プロセスにおける検討内容の合理的な制度設計を体系化しています。 (主な内容) 適法か...

  • ナノ分散性無機材料「可溶性ポリシルセスキオキサン」の合成

    ナノ分散性無機材料「可溶性ポリシルセスキオキサン」の合成

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) プラスチックなどの有機材料とセラミックなどの無機材料を、分子レベルから数ナノメートルレベル で混ぜ合わせると、それぞれの材料では成し得なかった機能を発現するため、現在様々な分野でこの 有機-無機ナノハイブリッド材料が注目されています。しかし、無機材料は一般にナノレベルでの分 散が難しい点がハイブリッド材料創製における課題でした。本研究では、水などの溶媒に溶解するナ ノ分散性の無機材料であるポリシルセスキオキサンを簡便な手法により合成しています。 (主な内容) ガラスやシ...

  • 磁場を利用した環境調和・省エネルギー材料の研究開発

    磁場を利用した環境調和・省エネルギー材料の研究開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 磁場は、物質・材料の合成やその特性の制御を行う環境として、温度や圧力と並ぶ重要な要因です。 ただ通常の磁石などから発生する磁場エネルギーはとても小さい(温度換算で0.11℃程度)ため、 世界的に見ても磁場を用いた材料合成の研究は遅れています。私 たちの研究グループでは鹿児島大で 8テスラ (地磁気の約20万倍)、東北大施設を利用して31テスラの強磁場を用い、環境調和・省エ ネルギー型の物質材料の合成とその機能性 制御についての研究、新たな技術開発を行っています。 (主な...

利用登録
する