産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

光で充電できる蓄電池(光蓄電池)の開発

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
従来の太陽電池は「電池」と呼ばれていますが,電池の本来の働きである蓄電はできません。このため太陽光が当たれば発電できますが,昼夜や天候の変動により発電量が大きく増減するので使いにくいエネルギーとなっています。そこで太陽電池自体が発電と共に蓄電機能を持つ新しい電源として「光で充電できる蓄電池(光蓄電池)」の開発を行っています。この光蓄電池の効率向上と実用化,更に光蓄電池技術を基盤とした新しい光エネルギーデバイスの創出を目的に材料開発を行っています。
(主な内容)
 
(期待される効果・応用分野)
・小型電子機器の利用が促進される:電子機器における電源まわりのコストは非常に高い。光さえあれば定常的に電力を取り出せる光蓄電池があれば,配電線や電池が不用になり省資源かつ低コストで電子機器が利用できます。(例:農業分野でのフィールドへの多数の温湿度センサの設置等)・光やイオンの関わる新規機能性材料への応用:光蓄電反応は「光によるイオンの動きの制御」です。これは新たなセンサーや電子デバイスの材料開発につながります。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●光蓄電池に関する成立特許:国内1件,米国2件特開平9-63657,USPatent5672444,5807411●出願・公開中:国内3件特開2008-243573,特願2008-025673,特願2010-45477
(コーディネータから一言)
発電と蓄電を一体化した光蓄電池の開発により、配電線・電池不用の新たな電源として高い注目を集めています。材料や資金の提供、要求性能など実用化に向けての共同研究を、長期的視点で行える協力相手を求めています。
(研究分野)
材料工学 光電気化学
(キーワード)
太陽電池 光触媒 半導体微粒子 導電性高分子 有機無機複合体 色素増感太陽電池

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 中枢神経系に着目した排便制御メカニズムの検討

    中枢神経系に着目した排便制御メカニズムの検討

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 近年、過敏性腸症候群(IBS)という排便障害が問題となっています。これは炎症や潰瘍など器質的疾患がないのに、便秘や下痢などの症状が続く病気で、脳や脊髄など中枢神経系が関わる障害です。ストレスが大きな原因と考えられますが、詳しい病態メカニズムは解明されていません。私たちは独自のinvivo実験系を用いて、中枢神経系がどのように排便を調節しているかを明らかにする研究を行っています。中枢神経系による排便障害の理解や治療法の開発に役立つことが目標です。 (主な内容) ○脊髄排便...

  • 脳卒中からの回復に効果的な運動療法に関する基礎的研究

    脳卒中からの回復に効果的な運動療法に関する基礎的研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 脳卒中とは、脳の組織が損傷されることで、手足が麻痺したり言葉が話せなくなったりする病気です。我々は脳卒中の患者さんに、麻痺の回復を促す目的で運動療法を行っています。運動を行うことで麻痺の回復が促進される報告は数多く存在しますが、機能回復に関わる脳内物質がその際、どう変化するかは未だよく解明されていません。本研究ではラットを用いて機能回復のプロセスに関わる脳内物質を明らかにし、その発現を効果的に促進する最適な運動刺激を明らかにすることを目指しています。 (主な内容) 脳梗...

  • 水産物に注力して成長する地方優良スーパーの経営戦略

    水産物に注力して成長する地方優良スーパーの経営戦略

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 近年、国産水産物販売に注力することで売上げを伸ばしている地域密着型の食品スーパー(Super Market:以下SM)が注目を集めています。大手量販店とは一線を画して生き残りを図る販売戦略、そして美味しくて高鮮度な国産水産物の価値を正しく実現しうる小売り業態の条件とは何でしょうか。私たちは全国各地の優良SMにおける水産物取扱いの実態分析をもとに、水産物の高付加価値販売を実現するための条件を抽出しています。水産物小売りのあるべき姿を見通すことが本研究の目的です。 (主な内...

利用登録
する