産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

報道被害(報道加害)への社会学的アプローチ

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
日常的に私たちが執り行っている「コミュニケーション」について、社会学の観点から考察・理論化することを試みています。一口にコミュニケーションといっても、そこには、1)マクロ・コミュニケーション、2)メゾ・コミュニケーション、3)ミクロ・コミュニケーションの3つの形態があります。本研究室では、3番目のミクロ・コミュニケーションに焦点を当てて研究を進めています。
(主な内容)
社会学という学問には、1)学説研究、2)理論研究、3)実証研究、と大別して3通りの研究のやり方がありますが、本研究室では、主として、1)と2)のやり方を通じて、コミュニケーション現象の理解・解明・理論化に取り組んでいます。目下テーマ化しているのは、「1合意は如何にして可能か?またそもそも合意とはどういう状態として理論化することが出来るのか?」「2ある状態を『問題的な状況であり改善されるべきである』として定義し、それについてクレイムを申し立て、それを社会に受けて入れて貰うためには、どのような条件・工夫が必要か?」「3現代社会において、個々人は、どのようなコミュニケーション・チャンネルのなかに巻き込まれているか?」という3つの問題です。私は、上記3つの問題を、数ある社会学理論のなかでも、「シンボリック相互作用論」(SymbolicInteractionism)という理論の観点から考察しています。これまでに達成してきた主たる研究成果については、以下のURLをご覧ください。
(期待される効果・応用分野)
とりわけ、2)「クレイム申し立て」の研究は、様々な社会問題をめぐる人々の意見や主張の交叉やその進歴の解明に寄与しうるものと考えられます。目下私は、「クレイム申し立て」の研究を土台にして、報道被害(報道加害)の問題を取り扱う準備をしております
(共同研究・特許などアピールポイント)
●これまで、報道被害の研究については、主として法律学系の研究者ないしは法曹関係者によるものが主でしたが、この問題に社会学の立場からアプローチすることに強い関心を有しております。
(コーディネータから一言)
クレイムを社会に受け入れてもらうための条件・工夫の研究を土台に、報道被害問題を社会学の立場からアプローチすることで独自の視点での議論やコメントが可能になります。
(研究分野)
社会学 コミュニケーション論 アメリカ社会学
(キーワード)
コミュニケーション 自己相互作用 考慮の考慮 合意 報道被害

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • デジタルサイネージにおける情報提示に関する研究

    デジタルサイネージにおける情報提示に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) QRコードが広告とWebページとを連携する目的で広く使われており、また、近年、デジタルサイネージが急速に普及しつつあります。しかし、広告の中に表示されるQRコードは、デザイン性の問題などから、非常に小さく表示されていることが多く、情報取得には不便です。そこで、人間の動きに反応して、QRコードを動的に表示できれば、情報取得における利便性の向上が期待できます。 (主な内容) デジタルサイネージにおける情報提示手法情報提示システムユーザセンサーディスプレイ近づかないと撮れない...

  • 正常な血管機能保持を目指した機能性成分の探索

    正常な血管機能保持を目指した機能性成分の探索

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などは、脳や心臓などに張り巡らされている血管に異常が生じて動脈硬化や異常収縮が起き、血管の内腔が狭くなって血流が悪化することによって引き起こされます。血管に起因する病気を未然に防ぐために有効なのが、正常な血管機能を保つ作用を示す機能性成分です。私たちは、食品や未利用資源をはじめ多くの天然物から機能性成分を探索し,「どのように血管に作用しているのか?」「血管を正常に保つためにはどれくらいの量が必要なのか?」を調べています。 (主な内容)   (期待...

  • 島しょ独特の魚類を絶滅から守る保全生態学的研究

    島しょ独特の魚類を絶滅から守る保全生態学的研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 鹿児島県は多くの島しょを有し、それぞれの魚類が特有の環境にうまく適応して生活しています。私たちの研究室では、魚の生活史を研究しています。水産物として重要な魚種の生態調査は、漁業の資源管理に重要です。一方で、奄美大島、屋久島など島しょ独特の環境下で見事に適応進化した魚類は、彼ら特有の戦略で種を維持しています。なかでも本土のアユとは異なるリュウキュウアユ、屋久島のアユの生活史の解明に向けて研究を進め、環境保全のための活動に活かしていきます。 (主な内容) アユは北海道以南の...

利用登録
する