産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

農耕地土壌中の微量元素の分布と動態を解明する

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
重金属をはじめとする微量元素は、あるものは生存に不可欠な物質(鉄、亜鉛、銅など)として、またあるものは健全な成長・生育を阻害する有害な物質(カドミウム、ヒ素、鉛など)として、生物の生存・生命活動に大きく関与しています。作物生産の基盤であり、物質循環の場でもある農耕地土壌にも多様な無機元素が存在します。私たちの研究室では、農耕地土壌に含まれる微量元素の分析を通して、農耕地土壌さらには耕地生態系における微量元素の分布と動態の解明を試みています。
(主な内容)
●農耕地土壌における微量元素の分布および収支の解明農耕地土壌と自然土壌との比較農耕地では、単一作物の連続栽培(連作)、耕起・耕うん、水管理(灌水、湛水)、収穫物の持ち出し、堆肥・肥料の投入など、さまざまな農業生産活動が行われており、自然生態系とは大きく異なる生態系(耕地生態系)を構築しています。このような農耕地の土壌における無機元素の分布・動態を明らかにし、自然土壌と比較することで、農業生産活動が土壌、さらには生態系に及ぼす影響について検証を試みています。数百サンプルの土壌を分析し、微量元素の分布と動態を解明する予定です。
(期待される効果・応用分野)
農耕地土壌における微量元素の分布を周辺の自然土壌と比較し、施肥、水管理、収穫などの農業生産活動による収支を明らかにすることで、微量元素の動態が理解できます。農業生産活動が土壌ないし環境に及ぼす影響を評価することは、環境と調和した持続的かつ安定的な作物生産技術を構築・開発するうえで、大きく役立つものと期待しています。同時に、農耕地土壌における有害元素等の存在量に関する知見は、農産物の安全性を検証する上でも有用な情報を提供するものと考えています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●誘導結合プラズマ質量分析法など分析技術の進展により、測定困難であった微量元素の濃度測定が可能になりました。これらの分析技術を活用して、土壌・植物・水などのさまざまな環境中の微量元素の存在量について調査を進めています。
(コーディネータから一言)
農耕地の土壌を微量元素の分布状況によって評価する研究。環境負荷のない、安心安全な作物生産技術の開発に役立ちます。同様の分析技術を活用して、農作物や水などに含まれる微量元素の存在量調査も進行中です。
(研究分野)
植物栄養・肥料学 土壌学 環境化学
(キーワード)
微量元素 重金属元素 ハロゲン元素 農耕地土壌 作物の栽培環境

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 薩摩焼の考古学

    薩摩焼の考古学

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 豊臣秀吉の朝鮮出兵時に連れてこられた朝鮮陶工に始まる薩摩焼の歴史。薩摩焼の研究は伝世品を中心に美術史的・文献史的に行われてきました。しかし窯跡や城下町などの遺跡の発掘調査によって、江戸時代の庶民が日用品として使用していた薩摩焼が大量に出土しています。これら「普段使いの薩摩焼」を考古学的に研究することで、江戸時代の薩摩焼の技術や流通の変遷、当時の人々の生活などを明らかにし、薩摩焼の歴史を新たに掘り起こすことを目的としています。 (主な内容) 薩摩焼の窯場は藩窯で白薩摩など...

  • 抗体、ペプチドによる新規結合親和性リガンドの設計

    抗体、ペプチドによる新規結合親和性リガンドの設計

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 「抗体」は特定の標的を認識して結合するため、様々な物質の検出や同定に用いられる優れた機能性分子です。我々は、標的に合わせた機能性分子を設計するために、すでに巨大な抗体の分子ライブラリを作製し、種々の分子に結合する抗体を単離してきました。独自の「抗体ライブラリ」さらに「ペプチドライブラリ」を使って機能性分子を単離選別する技術の蓄積により、ターゲットに合わせた新規の機能性抗体やペプチドを開発できます。医薬品やセンサー、機能性材料へ応用可能な技術です。抗体:体内で産出される糖...

  • ネギ属植物成分の機能性とその応用:機能性食品・医薬品への実用化

    ネギ属植物成分の機能性とその応用:機能性食品・医薬品への実用化

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) ニンニクやタマネギなどのネギ属植物を食べることによって、様々な病気に効くことが古代エジプト時代から知られています。治療や予防効果を発揮する疾患は、創傷、感染症、喘息、糖尿病、高脂血症、血栓症(脳梗塞や心筋梗塞)、悪性腫瘍(癌や肉腫)などです。また、メタボリックシンドロームや生活習慣病などにも広く効果を示すことが知られています。ネギ属植物が有するこのような機能性・効能を人類の健康維持に応用することが求められています。 (主な内容) ネギ属植物から発見された新規化合物(有機...

利用登録
する