産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

抗体、ペプチドによる新規結合親和性リガンドの設計

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
「抗体」は特定の標的を認識して結合するため、様々な物質の検出や同定に用いられる優れた機能性分子です。我々は、標的に合わせた機能性分子を設計するために、すでに巨大な抗体の分子ライブラリを作製し、種々の分子に結合する抗体を単離してきました。独自の「抗体ライブラリ」さらに「ペプチドライブラリ」を使って機能性分子を単離選別する技術の蓄積により、ターゲットに合わせた新規の機能性抗体やペプチドを開発できます。医薬品やセンサー、機能性材料へ応用可能な技術です。抗体:体内で産出される糖タンパク分子。侵入した細菌・ウイルスと結合し、中和・除去する。ペプチド:タンパク質を構成する数個のアミノ酸分子。
(主な内容)
よりコンパクトなため用途が広がる。リガンド:特定の受容体に特異的に結合する物質。ここでは抗体やペプチドによる新規の機能性分子*各応用での“共同研究により”特許、実用化が可能
(期待される効果・応用分野)
本研究は、結合分子の設計法の中でも最もパワフルな方法であり、様々な分野での応用が可能です。“ヒト抗体に特異的に結合するペプチドを用いた抗体の精製・検出技術”は、医薬品等への実用化に向け、すでに検討を開始しました。また、抗体ライブラリから“特異なガンマーカーに対する抗体の取得”を行い、病気の治療薬への展開を検討しています。一方、通常の方法では得られない特殊抗原に対する抗体の単離にも成功しており、新しいセンサー開発に向けての研究を検討中です。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●本技術を使って、すでに3社と共同研究を行っています。我々の技術は、あらゆる分野へ応用できるため、標的が異なればそれぞれに共同研究、特許、実用化への道を展開することが可能です。まずは、御相談下さい。特許:「IgG結合性ペプチド」WO2008/054030他
(コーディネータから一言)
独自の抗体・ペプチドライブラリから標的に合わせた機能性分子を創出する研究に技術の蓄積があります。ターゲット毎に特許・実用化に向けた研究協力が可能。医薬品ほか化学、材料等幅広い分野で共同研究を求めています。
(研究分野)
医薬品化学 センサー工学 免疫工学 抗体工学 ペプチド工学
(キーワード)
機能性分子 バクテリオファージ ランダムライブラリ 親和性リガンド 結合分子

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • ネギ属植物成分の機能性とその応用:機能性食品・医薬品への実用化

    ネギ属植物成分の機能性とその応用:機能性食品・医薬品への実用化

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) ニンニクやタマネギなどのネギ属植物を食べることによって、様々な病気に効くことが古代エジプト時代から知られています。治療や予防効果を発揮する疾患は、創傷、感染症、喘息、糖尿病、高脂血症、血栓症(脳梗塞や心筋梗塞)、悪性腫瘍(癌や肉腫)などです。また、メタボリックシンドロームや生活習慣病などにも広く効果を示すことが知られています。ネギ属植物が有するこのような機能性・効能を人類の健康維持に応用することが求められています。 (主な内容) ネギ属植物から発見された新規化合物(有機...

  • 温度履歴を考慮した海産魚のトレーサビリティ・システム

    温度履歴を考慮した海産魚のトレーサビリティ・システム

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 漁獲された魚はその生物の持つ固有の価値と鮮度により価格が決定されますが、現在、魚の鮮度はそのほとんど関係者の経験により判断されています。また、原産地や市販されるまでの取扱い等の情報は取引業者間だけで共有(ブロック型)されることが多く、生産者から消費者までの商品の流れを追尾することは困難でした。このシステムでは、生産地から小売りまで温度履歴等を中心とした情報システムを構築し、安心・安全な食料を提供することを目指しています。 (主な内容) ●このWebシステムでは、流通の起...

  • 樹木の内生菌(エンドファイト)の生態解明

    樹木の内生菌(エンドファイト)の生態解明

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 植物の健全な組織内に病気を起こさずに感染している糸状菌を内生菌(エンドファイト)と言います。内生菌は極めて多数の植物でその存在が確認され、普遍的な共生菌であることが明らかになっているにも関わらず、彼らがどのような生き方をしているのか、あるいはそもそも彼らが植物や生態系にとってどのような役割を果たしているのかはあまり分かっていません。そこで、これら内生菌のうち樹木と共生しているものに着目し、その生態の解明を目指しています。 (主な内容) Q.変動パターンは?A.組織が古く...

利用登録
する