産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

虚弱子牛症候群の発症要因と制御に関する研究

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
近年、虚弱子牛症候群(weakcalfsyndrome:WCS)と呼ばれる子牛が多く出生しています。WCSは、原因が特定できないが様々な臨床症状から虚弱と診断される子牛の総称で、発育障害や低免疫機能による易感染性が認められ、飼養効率の低下や治療費の増加により生産性を低下させることから、生産現場での大きな問題となっています。私たちは、WCSの発生要因を様々な観点から解明して、疾病の発生を制御することを目的に研究を行っています。
(主な内容)
1.WCS子牛に対する母牛の影響妊娠中の母牛の状態がWCSの発生に関与していると考えられており、妊娠期の母牛の影響としては胎盤からの栄養供給、ホルモン分泌の異常、ストレスになどが原因として疑われています。これらが出生子牛に対してどのような影響を及ぼしているかを調査しています。2.新生虚弱子牛症候群(NWCS)の発生要因の解明出生直後から虚弱症状が認められる子牛はNWCSと言われ、先天的には母牛子宮内での発育障害が原因と考えられていますが、後天的には難産および初乳からの受動免疫不全が要因と考えられています。これらの因果関係を解明し、予防を行うための研究を行っています。WCSにみられる臨床所見3.哺乳および育成期におけるWCS子牛の病態解明出生直後は健康であっても、哺乳あるいは育成子牛へと発育する過程で虚弱症状を示す子牛もいます。これらは免疫機能が不十分であるため、感染症に罹患する症例も多く認められます。病気の子牛を減らすため、免疫機能低下の原因や免疫機能向上に関する研究も行っています。
(期待される効果・応用分野)
WCSは牛の飼養における大きな課題ですが、原因解明は進んでいません。牛などの産業動物は、治療等の生産コストを削減し、治療薬の使用量を減らすために、予防という観点での研究が主流です。しかし、効果的な予防を行うためには疾病の原因解明が必要。本研究を進めることで、WCS発生につながる危険因子を除くことができます。飼養目的と現場の状況に応じた対策を講じることによって、健康で安全性の高い牛を生産できる飼養環境を整えるお手伝いをしたいと考えています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●子牛の研究以外にも、親牛の周産期疾病や、繁殖障害に関する診断・治療について研究を行っています。●牛に対する治療薬の開発や、薬物動態に関する研究も行っています。
(コーディネータから一言)
全国有数の畜産県である鹿児島から、牛の生産性向上に寄与する情報を発信することが目標。獣医師、飼育農家、飼料メーカー、関係機関等幅広い業種と協力体制を築きたいと考えています。研究へのご協力をお願いします。
(研究分野)
産業動物 臨床獣医学 獣医繁殖学
(キーワード)
産業動物医療 牛 内分泌 栄養代謝 免疫機能

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • ヴェネツィアを中心とするイタリアの歴史と社会

    ヴェネツィアを中心とするイタリアの歴史と社会

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) ファッションやグルメ、芸術やサッカーなど、イタリアの文化は日本でもずいぶん馴染み深いものになっています。しかし、イタリアの歴史についてはあまり知られていないようです。とりわけ華やかなルネサンス以後、イタリアはどのような歴史をたどったのでしょう。この疑問を解き明かすために「水の都」として知られるヴェネツィアをおもな対象として、その歴史を研究しています。 (主な内容) 1.ヴェネツィアの社会や権力構造の変容について研究していますヨーロッパの政治思想において、ヴェネツィアは理...

  • 企業の農業参入を支援するビジネスプランづくり

    企業の農業参入を支援するビジネスプランづくり

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 消費財需要の低迷に公共事業の縮小などが加わり、多くの地方企業が苦戦を強いられています。そうした中、かつてない注目を集めているのが農業。食の安全・安心を求める消費者ニーズによる国産農産物の需要増加のほか、農業就業人口の高齢化に伴う耕作放棄地の増加なども好機となり、様々な企業が農業に参入し始めました。本研究は、農業への参入を考える鹿児島県内の企業を対象に、農業参入にあたってのビジネスプランづくりをお手伝いすることを目的としています。 (主な内容) 1.SWOT、CSF分析を...

  • マダニの生存戦略と病原体媒介能の解明~創薬など新用途開発に向けて~

    マダニの生存戦略と病原体媒介能の解明~創薬など新用途開発に向けて~

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) マダニはウイルス、細菌、原虫等の病原体を媒介し、世界の畜産が被る経済的被害は毎年3兆円に昇る家畜最大の害虫です。我々はマダニの生存能力に着目し、約8万種のマダニ遺伝子ライブラリーを作成しました。ライブラリーを使って、マダニの生存を左右する生物活性分子の特性と機能解析、並びにマダニ体内の病原体の動態解明について研究を行ってます。得られた研究成果は、家畜用ワクチンなどマダニを撲滅する防圧法の開発だけでなく、ヒト向け医薬品の創薬にも活用できると考えています。 (主な内容) 「...

利用登録
する