産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

2次元コード(QRコード)の装飾,検証,安全性向上,歪み補正

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
2次元コードに関する様々な研究を行っています.独自のエンコーダ,デコーダの開発や,画像処理技術,人工知能技術との組み合わせによる様々な要素技術,応用システムの開発を行っています.例)・2次元コードの不正な複製を検知する方式の研究.・2次元コードの印刷品質を評価するシステムの開発.・装飾性および視覚的誘因性を高めるためにロゴ等を2次元コード内に配置する方式の研究.
(主な内容)
2次元コード品質評価システムの開発イラスト入りQRコードの機械可読性最適化2次元コード不正な複製を検知できるカラー2次元コードの開発非線形な歪みを補正できる2次元コードデコーダの開発協調型最適化に基づくデザイン発想支援システム
(期待される効果・応用分野)
携帯電話への対応で普及し、商品管理や広告、搭乗券、クーポンなど活用分野が広がる2次元コード。独自の機能を持つ応用システム、および要素技術の開発によって、新たな用途が追求できます。・特殊な用途の2次元コードの開発・デコーダやエンコーダの開発・2次元コードに関する応用システム・非線形で局所的な歪みを補正してデコードできる2次元コードデコーダの開発
(共同研究・特許などアピールポイント)
●各種特許出願中.●2次元コード開発企業との共同研究を実施中.●各種応用システムへの要素技術の提供,共同研究開発が可能です.
(コーディネータから一言)
2次元(QR)コードに関する様々な研究を展開し、公開特許も複数あります。企業等と共同で要素技術や応用システムを開発中です。2次元コードの新たな活用アイデアについて、各種相談に応えることが可能です。
(研究分野)
情報通信
(キーワード)
QRコード バーコード 2次元コード QRコード 品質評価 複製検知 装飾

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 環境や建物空間における彫刻表現の在り方

    環境や建物空間における彫刻表現の在り方

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 現代の都市空間には多くの彫刻が配置されています。しかしながら、建築空間とマッチしているのかが疑問に思える彫刻も少なくありません。その理由は、その彫刻が設置される場を想定したものではなく、彫刻家自身のイメージとコンセプトで制作したものであることによるミスマッチに他なりません。そうした例を見るにつけ、制作者と建築家、設計者との連携により、よりよい空間作りができるはずだと考えています。作品が置かれるのに適切な場や構成についての研究を進めています。 (主な内容) 詩的な情景を具...

  • グループアプローチによる発達障害支援

    グループアプローチによる発達障害支援

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 発達障害児とは、乳幼児期に発達の様々な側面に遅れや偏りを示し、児童期以降の発達過程においても様々な躓きを生じる可能性のある子どもたちです。発達障害児への支援においては一人ひとりの特性に応じた支援と同時に、集団における社会的成長を保障しながら、当事者(保護者)のライフステージに応じた継続的な支援を行うことが重要なテーマです。本研究は、①グループアプローチによる臨床実践と②当事者へのアンケートを通じて、発達障害の社会性発達支援に関する知見を提供します。 (主な内容) 1.発...

  • 化学発光を利用した環境中の微量有害物質分析法の開発

    化学発光を利用した環境中の微量有害物質分析法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 化学発光検出法は化学物質の量を光の量に変換して測定する分析法です。安価な装置で高感度分析が可能なことから、化学物質の検出法として利用されています。しかし化学発光を生じる物質の組み合わせは少なく、測定できる物質は限られています。そこで新たな化学発光反応系の探索を基礎研究として行ない、さらにその応用研究として環境中に存在する微量有害物質(ニトロソアミン,メチル水銀など)の高感度分析法の開発を進めています。 (主な内容) 発光試薬+反応剤ルミノール過酸化水素ルテニウム錯体et...

利用登録
する