産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

ブラジルアマゾンにおける日系農家の学習に関する研究

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
「学習」や「教育」とは一体なんでしょうか。「知識基盤社会」を支える社会装置としての学校は、社会構造の維持・強化・再生産に役立ちますが、「学習」の均質化をも促し、それ以外の「学習」を排除している側面があるとも言われています。一方で、農業には経験的な知や技能を生成・獲得するための「学習」が存在します。本研究はブラジルアマゾンにおける農家の学習に注目、農業実践の変遷を踏まえた上で分析・研究しています。
(主な内容)
ブラジルアマゾンにおける「遷移型アグロフォレストリー」農法の営農指導・普及に関する研究ブラジルアマゾンの日本人移民入植地トメアスでは、日系農業者が非日系家族経営農業者(小農)へ「遷移型アグロフォレストリー」農法の営農指導・普及を行っています。※「遷移型アグロフォレストリー」とは、現地の自然植生遷移をまねて草本から高木までの多様な作物を時系列で混植する栽培体系です。この農法は、アマゾンに入植した日系農業者が移住開始から80年をかけて開発し発展させたもの。自然や作物との向き合い方を現地の農家や研究者、日本の営農指導者等から学びつつ、創意工夫による検証・研究を重ねた成果で、独自のアグロフォレストリーとして確立されつつあります。焼畑・牧畜に比べ単位面積当たりの収入が高く、森林・土壌・生物多様性の保全に繋がることが既に明らかになっています。小農による圃場の変遷(’10.Ago11.Nov)筆者撮影営農指導を行う農家(上)とその圃場(下)本研究では、参与観察ならびにインタビュー調査を踏まえて日系農業者による本農法の変遷と営農指導・普及、小農による農業技術習得過程の「学習」を調査・分析しています。
(期待される効果・応用分野)
環境問題や食料不足を踏まえた持続可能な農業開発は喫緊の課題です。そこで、農業者自らが創造し実践する持続可能な農業開発と、その普及推進に関わる農家の「学習」を明らかにすることは、他地域での持続可能な農業開発の創造・普及にも応用し、役立てることができます。農法における学校教育とは異なる「学習」を研究することで、新たな学習理論の構築を図ります。社会教育・生涯学習において、社会変化に対応して動態的に発展する学習法の開発が期待できます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●ラテンアメリカでの調査・研究・事業に関するご相談はお任せください。●ラテンアメリカ(主にブラジル・メキシコ)に調査・留学・仕事で長期間住んでいたため、葡・西・英語が話せます。
(コーディネータから一言)
日系移民が現地に学んだアグロフォレストリー農法を研究、新たな学習理論への展開を構想中。豊富な滞在経験を下に、持続可能な農業開発への課題や、ブラジル・メキシコの現状についての講演・相談等に対応できます。
(研究分野)
社会教育・生涯学習 地域研究(ラテンアメリカ 主にブラジル)
(キーワード)
アグロフォレストリー 生涯学習 unlea 農法 アグロフォレストリー ブラジル 移民

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • マウス音声コミュニケーションを用いた「感情表現」の研究

    マウス音声コミュニケーションを用いた「感情表現」の研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 我々は感情表現をします。また、その感情表現のバリエーションにも個性があります。そもそも我々はなぜ感情表現をしてしまうのでしょうか。感じたこと、考えたことを誰かに伝え、それを相手が受け取ることでコミュニケーションが成立します。私たちは感情表現の基礎的なメカニズムを生物学的に探求するために、マウスの音声コミュニケーションを用いて研究を進めています。近年、マウスが多様な音声コミュニケーションを持つことが判明し、注目を集めている分野です。 (主な内容) 近年、言語発達の遅れやコ...

  • ことばの意味とその力について考える

    ことばの意味とその力について考える

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 英語学と呼ばれる研究分野の中でも意味論、プラグマティックス*、文体論といった、「意味」を中心に扱う領域が研究テーマです。意味を扱う際には、言語音(音声学・音韻論)や語彙とその配列(形態論・構文論)、言語の歴史(言語史)といった観点から「ことば」を観察・考察します。ことばの意味の探求は、言語全体の総合的考察となります。こうした考察を学問的に積み増しながら、その知見を英語教育の教材や教育指導へ如何に有効に還元してゆけるか、が大切な課題です。 (主な内容) *辞書的な意味を超...

  • エビデンスに基づく看護ケアを実践するための手法の開発

    エビデンスに基づく看護ケアを実践するための手法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 看護師にとって「論理的に考える」ことは、学問のためではなく、日々の看護ケアを効率的に進めるために必要なものです。ロジカルシンキングを習得すると「論理的に伝える」ことができるようになります。思考や分析の結果が整理されていると、自ずと論理的でわかりやすい説明になるのです。看護は一人ではできません。自分の考えが患者さんやスタッフに受け入れられ、相手が行動を起してくれることが重要です。自分で考え、判断できる力を持つ人材育成手法の開発に取り組んでいます。 (主な内容) 「問題解決...

利用登録
する