産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

エビデンスに基づく看護ケアを実践するための手法の開発

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
看護師にとって「論理的に考える」ことは、学問のためではなく、日々の看護ケアを効率的に進めるために必要なものです。ロジカルシンキングを習得すると「論理的に伝える」ことができるようになります。思考や分析の結果が整理されていると、自ずと論理的でわかりやすい説明になるのです。看護は一人ではできません。自分の考えが患者さんやスタッフに受け入れられ、相手が行動を起してくれることが重要です。自分で考え、判断できる力を持つ人材育成手法の開発に取り組んでいます。
(主な内容)
「問題解決能力」は、「筋道を立てて問題を解決するスキル」です。あえて「スキル」というのは、トレーニングを積めば、誰でも修得することができるからです。看護師は学生時代から基礎看護教育の中で、POS(問題志向型システム)を学んでいます。これが、そのまま新たな知識を仕入れることなく「問題解決スキル」として使えます。「問題解決能カスキル」と言葉にすると、何かすごい理論や方法があって猛勉強しないと身に付かない特別なものだと誤解されがちですが、裏道や裏技はないので、状況に合わせて応用すれぱよいのです。患者さんの問題解決に毎日使っているPOSを自分のためにも意識して使えば、効率よく確実に看護現場で起こる問題を解決できるようになります。多様なワークを取り入れた、分かりやすく実践的な手法を開発しています。臨地実習における問題点は何か?
(期待される効果・応用分野)
POS:問題志向型システム(ProblemOrientedSystem)。患者のデータを収集、分析し、治療上の問題を明確にとらえ、論理的に治療方法を検討する手法。ロジカルシンキングは「論理的思考」と呼ばれます。「物事を論理的に考え、分析し、相手にわかりやすく伝えるための方法」のことです。「論理的に考える」とは物事を分類したり、整理したり、組み立てたりして、筋道を立てて考えることです。ロジカルシンキングは一種の「技術」です。ロジカルシンキングという「磨ける技術」を手にいれることで、仕事だけでなくプライベートでも、より高いレベルで過ごすことができるようになります。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●看護師の成長に資することが第一義の目的です。●現在の教育実践に、ビジネス経験、看護師としての臨床経験も基にした独自の解説が可能です。●臨床現場での実践と理論の互いの知見の交流から問題解決手法を協同で探求して、看護現場を基盤とした開発的な取り組みを目指しています。
(コーディネータから一言)
看護現場で用いるPOSをベースに産業界の理論も取り入れ、『論理的に考え、伝える』技術が身に付く人材育成手法を開発。看護学校や病院で、学生から師長、教育者まで立場に応じた講習を提供できます。ご相談ください。
(研究分野)
看護教育
(キーワード)
看護師教育 エビデンス 問題解決 POS ロジカルシンキング 臨床現場 人材育成

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 光ファイバーを用いた簡便・高精度な屈折率測定技術

    光ファイバーを用いた簡便・高精度な屈折率測定技術

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) ●光ファイバーは、現在、高速・大容量の長距離通信システムの信号伝送媒体として世界的に広く用いられています。一方で、光ファイバーはシリカガラスを素材としているため、物理的・化学的に安定なことから、光センシングのプローブ(探針)としても様々な分野で活用されています。本研究は光ファイバーの端面からの反射光を計測することによって、端面に接触させた液体や樹脂の屈折率を高精度で測定できる技術です。 (主な内容) 〇測定の原理光源光サーキュレーター入射光光パワーメーター光ファイバープ...

  • 噛み合わせの悪化が全身機能に影響するメカニズムの解明

    噛み合わせの悪化が全身機能に影響するメカニズムの解明

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 1990年、欧州共同体(EC;現欧州連合)・世界保健機構(WHO)・米国立老化研究所(NIA)は、共同で実施した世界的疫学調査の結果から「歯を多く喪失することは、アルツハイマー型認知症発症の危険因子である」と発表しました。しかし、歯を失うことが、なぜ学習や記憶などの高次脳機能に影響するのか…そのメカニズムは判っていません。また、噛み合わせの状態は全身の筋運動に影響を与えますが、その神経メカニズムの詳細も未だ不明です。本研究はこれらの解明を目的としています。 (主な内容)...

  • 更年期をめぐる葛藤と心理支援ー更年期障害を中心に

    更年期をめぐる葛藤と心理支援ー更年期障害を中心に

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 更年期障害は、更年期女性の4分の1に多様な身体・精神の自覚症状がみられ、身体医学(西洋・東洋)による治療が主流です。心理的ケアが重要とされながらも遅れており、甘えや怠けなどと曲解されて、一人で抱え込む人も少なくありません。本研究では更年期を生涯発達の観点から捉え直し、更年期障害経験者への半構造化面接・心理査定による研究を通して、体験の個別性や性的アイデンティティとの関係を明らかにし、自律的な更年期の過ごし方を提案したいと考えます。 (主な内容) 1.更年期・更年期障害に...

利用登録
する