産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

光ファイバーを用いた簡便・高精度な屈折率測定技術

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
●光ファイバーは、現在、高速・大容量の長距離通信システムの信号伝送媒体として世界的に広く用いられています。一方で、光ファイバーはシリカガラスを素材としているため、物理的・化学的に安定なことから、光センシングのプローブ(探針)としても様々な分野で活用されています。本研究は光ファイバーの端面からの反射光を計測することによって、端面に接触させた液体や樹脂の屈折率を高精度で測定できる技術です。
(主な内容)
〇測定の原理光源光サーキュレーター入射光光パワーメーター光ファイバープロープ(シリカガラス)光ファイバーの端面からの反射光のパワーを計測し、試料の屈折率を求める屈折率の相対測定精度は10-4程度反射率◆測定可能な試料の例水溶液、シリコーンオイル、接着剤など被測定試料光ファイバーの端面で光がフレネル反射●
(期待される効果・応用分野)
従来の測定装置に比べ、簡便に屈折率を測定できます。微量の液体や樹脂などの屈折率も高精度に測定できるため、製品や材料の検査や品質管理に利用することが可能です。小型のプローブ部のみを試験槽に入れて、高温/低温・高湿などの環境下における信頼性試験を行うこともできます。さらに、屈折率の時間変化を測定することで、試料の物理的・化学的変化の進行過程を観測することも可能。現場のニーズに合わせた検査装置を安価に開発することが期待できます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●本測定法による研究成果をT. Watanabeet. al.,Appl. Phys.Lett. 72, 1533(1998) で報告しています。●より高精度の測定が必要な場合には、光ファイバーで構成した干渉計を用いる方法もあります●
(コーディネータから一言)
デバイスに用いる材料の性質を調べるために、独自に開発した技術です。簡便かつ高精度に液体・樹脂の屈折率が測定できるため、用途に合わせた検査装置の開発が可能。興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。
(研究分野)
通信システム工学 光波工学 計測工学
(キーワード)
屈折率測定 フォトニックネットワーク 光ファイバー 光スイッチ 光センシング 屈折率

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 噛み合わせの悪化が全身機能に影響するメカニズムの解明

    噛み合わせの悪化が全身機能に影響するメカニズムの解明

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 1990年、欧州共同体(EC;現欧州連合)・世界保健機構(WHO)・米国立老化研究所(NIA)は、共同で実施した世界的疫学調査の結果から「歯を多く喪失することは、アルツハイマー型認知症発症の危険因子である」と発表しました。しかし、歯を失うことが、なぜ学習や記憶などの高次脳機能に影響するのか…そのメカニズムは判っていません。また、噛み合わせの状態は全身の筋運動に影響を与えますが、その神経メカニズムの詳細も未だ不明です。本研究はこれらの解明を目的としています。 (主な内容)...

  • 更年期をめぐる葛藤と心理支援ー更年期障害を中心に

    更年期をめぐる葛藤と心理支援ー更年期障害を中心に

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 更年期障害は、更年期女性の4分の1に多様な身体・精神の自覚症状がみられ、身体医学(西洋・東洋)による治療が主流です。心理的ケアが重要とされながらも遅れており、甘えや怠けなどと曲解されて、一人で抱え込む人も少なくありません。本研究では更年期を生涯発達の観点から捉え直し、更年期障害経験者への半構造化面接・心理査定による研究を通して、体験の個別性や性的アイデンティティとの関係を明らかにし、自律的な更年期の過ごし方を提案したいと考えます。 (主な内容) 1.更年期・更年期障害に...

  • 高効率モータ開発のための応力ベクトル磁気特性評価技術

    高効率モータ開発のための応力ベクトル磁気特性評価技術

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) モータの高効率化に必要な新たな要素技術の開発を目指して,計測と解析の両方の視点から,モータや鉄心材料のベクトル磁気特性の評価、および鉄損低減技術に関する研究に取り組んでいます。モータの加工・組立て工程で発生する応力が鉄心材料に加わると、エネルギー損失が増加することが知られています。本研究では,応力がモータの特性や鉄心材料の磁気特性に及ぼす影響を正確に把握し,これらの特性を最大限に活かす技術の開発を目的としています。 (主な内容) 応力:物体に外力がかかる際に、物体内に生...

利用登録
する