産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

薬物送達超音波装置の開発

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
遺伝子治療や新規薬物の開発において、目的とする臓器に薬物・遺伝子を効果的に送達する方法がないことが臨床応用の大きな障害となっています。我々は超音波による薬物・遺伝子送達法を開発してきましたが、本法は安全性・効率などで既に実用化段階に達しています。超音波発生装置、最先端から薬物が出る臓器別のプローブ、薬物担体のそれぞれを開発し、基幹技術の特許を取得しています。超音波治療セットとして製品化することで、様々な臨床試験や治療現場に役立てることが可能です。
(主な内容)
1)技術・製品の内容及びその新規性・独創性・優位性極細超音波発振プローブなど多種のプローブを開発した。最先端から薬物が出る薬物送達機能もあり、特許取得している。これらは我々が開発したプローブ群の一部に過ぎず、目的に応じた各種プローブの改変・作成が可能である。薬物・遺伝子導入効率はプローブの形状に大きく依存するため、材料コストを製品価格に転化せずに、他製品と差別化することが可能である。現在、類似製品はない。また薬物担体としても高効率なものを開発しており、表面を加工することで、臓器特性を持たせることができる。これら全てをパッケージングすることで、さらに商品としての価値を高めることができる。(2)企業化しようとする技術・製品の周辺動向、想定される市場の動向眼科領域に限っても、我が国の糖尿病網膜症患者数は140万人、網膜静脈閉塞症患者数は130万人であり、それらが治療対象になる。仮にその10%に本治療が行われるとしても、十分数のニーズがある。本プロジェクトで、眼科用超音波薬物治療の有効性が確認され、製品が市場に出ると、皮膚科、整形外科、外科領域に用途が拡大することは、極めて容易かつ自然である。外科などの手術終了時に、創部に治療薬や治療遺伝子を超音波で導入することが可能になると、術後のケアにかかる治療コストが減少するので、総医療費の抑制にも繋がり、利用経済学上もメリットが多く歓迎されることは確実である。極小プローブ平面プローブ結膜選択的GFP遺伝子導入結果
(期待される効果・応用分野)
我々が開発したプローブなどは多岐に及んでいるため、目的に応じてカスタマイズすることが可能です。この装置は眼球を含む全ての外表臓器への遺伝子・薬物送達法へ応用することができます。まず眼科用超音波薬物治療セットを製品化、実用に供することで有効性を確認できるはずです。創部に治療薬物・遺伝子を超音波で導入する装置は、皮膚科、整形外科、外科手術等に用途が拡がることが期待されます。共同開発により市場競争力のある製品が実用化できると考えています。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●特願:平10-27701特開:平11-206372「局所遺伝子導入装置及び局所遺伝子導入方法」●特願:平11-213140特開:2001-37476「遺伝子導入方法及び薬剤導入方法」
(コーディネータから一言)
ヒトでの安全性・効果が証明できれば実用化が可能。市場規模は大きく、特許があるため競争力のある製品が開発できます。治験の前段階からご協力いただける、医療機器メーカー等の提携先や資金協力を求めています。
(研究分野)
網膜硝子体疾患の治療法開発 遺伝子治療 硝子体手術
(キーワード)
遺伝子導入装置 網膜硝子体疾患 糖尿病網膜症 増殖硝子体網膜症 薬物送達 プローブ

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 林地残材等未利用木質バイオマスのエネルギー化に関する研究

    林地残材等未利用木質バイオマスのエネルギー化に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 木質系の未利用バイオマスとして林地残材が注目されています。賦存量が大量にあると言われながら林地残材が利活用されていないのは,林業生産活動において森林資源の現状把握や分析が不十分であるため。林地残材が森林の中で、どのような状態で放置されているのかも不明です。特に森林系バイオマスのエネルギー利用には含水率の低下が重要です。森林資源や林業生産活動の分析からバイオマス発生量を明らかにすること,林地残材の野外での乾燥プロセスについてご紹介します。 (主な内容) 地域林業経営の分析...

  • 作業とコストを低減できる、イネの種子処理技術の開発

    作業とコストを低減できる、イネの種子処理技術の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 世界的な農業環境の悪化や農業人口の高齢化などを背景に、いま低コスト・低投入の持続的農業生産の開発が求められています。中でも水稲直播栽培は、苗づくりの手間が省けるため作業時間やコストの削減が可能です。一方で播種後の発芽や苗立ちが不安定なため、一般的な移植栽培に比べ収穫の確実性に欠ける短所があります。本研究はイネ種子の発芽と苗立ちを安定させて、均一に生育させるプライミング処理(*)の技術を開発し、持続可能な農業の発展に貢献することを目的としています。 (主な内容) プライミ...

  • 粉粒流動層による微粉体材料の高機能化

    粉粒流動層による微粉体材料の高機能化

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 高機能の製品が要求される素材分野において、材料となる粒子も微細化傾向にあります。反応性のいい微細な粒子径20以下の微粉体をガスで流動化し、微粒子が持つ付着・凝集性という厄介な特性も積極的に活かすことができる、新しい反応装置の開発に取り組んでいます。伝熱に優れた粉粒流動層を用いて微粉体材料の多孔質化、触媒・光触媒の高機能化など、様々な展開を図っています。層内現象・微粒子飛散現象など、装置開発のための基礎的検討課題にも取り組んでいます。 (主な内容) ミクロンオーダーの微粒...

利用登録
する