産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

金属イオンを用いて青色の花を咲かせる花色の改変法

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
植物は様々な金属イオンを根から取り込むことができます。花弁に赤色色素であるアントシアニンを含む花類は、金属イオンであるモリブデン(Mo)を吸収すると、モリブデンとアントシアニンが細胞中で結合して安定した青い色素が作られることがわかりました。この現象を利用して栽培中の園芸植物に、モリブデンを根から吸収させることで花弁の色調を変え、新しい花色の花を咲かせる試みを行っています。育種法によらず栽培的手法で新しい花色を得ることができる技術です。
(主な内容)
(収穫時)ストックハボタン水水+Mo●赤色の部分のみ青色に変化します。●白い部分はそのままですので自然な感じが損なわれません(葉や茎も緑色のままです)●切花にした後の棚持ちも通常のものと同程度ですチューリップ
(期待される効果・応用分野)
新色(特に青色)の花を既存の品種を用いて咲かせ、市場に提供することができます。現在、シクラメンとキク、チューリップについて、農家等と協力して実用化に向けての研究中です。色素と光や温度、ミネラル等との関係についても調べています。また、金属イオンを取り込み花色が変化する植物の属性は、土壌汚染の指標や土壌から有毒金属を取り除く環境修復技術への応用が期待できます。そのため、モリブデン以外の金属イオンの植物への吸収と色発現に及ぼす影響も調査中です。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●特許第3831335号「既存のものと花色の異なる花を咲かせる植物の製造法」(発明者:渡部由香・宮内信文)●特願2005-344322特開2007-143506「金属イオンを用いた園芸作物の花の色改変法」
(コーディネータから一言)
品種改良によらずに花の新色を得る技術。実用化に向けて、栽培に挑戦したい農家への技術協力、共同研究を進めて行きます。興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。園芸以外に可能性が広がるご提案も歓迎します。
(研究分野)
園芸学 植物栄養学 植物化学
(キーワード)
園芸植物 園芸 観賞植物 花 花色 植物色素 アントシアニン モリブデン 金属イオン

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 機能性分子の集積化・ナノスケールの機能性材料の設計と合成

    機能性分子の集積化・ナノスケールの機能性材料の設計と合成

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) ナノテクノロジーが進展するにつれ、医薬品や光応答分子など、さまざまな機能を発現する分子が多 数開発されています。しかし、ひとつひとつの分子がもたらす効果はわずかなものでしかありません。 同じ分子を数多く集めることができれば、分子の機能をパワーアップさせることができます。我々の研究室では、機能性分子を小さな空間に集積化して、その効果を強める方法の開発を行っています。 (主な内容) 1.金ナノ粒子の一段階合成法の開発 Au3+イオン溶液と混合するだけで安定な金ナノ粒子を発生...

  • 位置情報を活用したモバイル・ユビキタスコンピューティング

    位置情報を活用したモバイル・ユビキタスコンピューティング

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) インターネットは、利用者の位置によらず均一のサービスを提供しています。例えば検索エンジンは検索キーワードにより、情報を得たい者と情報提供者を国を超えて結びつけてきました。世界から情報が得られる一方で、実際の多くの人々の生活は地域に根付いたものです。これからのインターネットサービスは、「位置情報」により人々が暮らす地域の人々を結びつけ、直接実生活に役に立つものになるはすです。このような位置情報を活用したサービスやそのアーキテクチャの研究を行っています。 (主な内容) 例え...

  • 人間と科学をめぐる諸問題についての科学認識論的研究

    人間と科学をめぐる諸問題についての科学認識論的研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 現代社会の様々な問題は「科学と社会」、「人間と自然」など、通常は区別される領域が複雑に絡み合う場所において生じています。環境問題などがその典型例でしょう。現代の諸問題に取り組むには「科学」「人間」「自然」「社会」という四つの基本カテゴリーの間の複雑なありようを、一貫した視野のもとで総合的に理解する、新たな思考の枠組を開発し、新しい価値基準を創る必要があります。科学認識論の研究は、そのための基本的な方法と視座を獲得するために役立つものと考えています。 (主な内容) 1科学...

利用登録
する