産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

人の移動と家族・親族・コミュニティ

  • 公開日: 2019-05-13

(研究の背景および目的)
インド農村を主な調査地として、近代化による社会や経済の変化が村の暮らしに与える影響を研究してきました。村の農業やお祭りや結婚はどのように変化したのか、村人たちは近代化の流れにどう対応してきたのかなど、家族や親族や地域社会にとっての近代化の意味を考えてきました。近年、人の移動がますます活発化する中、社会はどのように変更・維持・再形成されるのでしょうか。地理的空間を超えた家族や親族、コミュニティのあり方を明らかにすることが研究目的です。
(主な内容)
1インド学際的共同研究(経済史、美術史、ヒンディー文学、社会人類学)によって、南アジアの移住商人(マールワーリー)の実体と表象を明らかにする研究を組織しています。移動を本質とする人々は、南アジア研究ではあまり議論されてきませんでした。移動することで生業を立ててきた商人コミュニティに焦点をあて、彼らのビジネスネットワーク、親族や婚姻のネットワーク、コミュニティのあり方、そしてそれらの近年における変容を分析し、移動する人々の生存戦略やアイデンティティ、世界観を考察します。2ミクロネシアマールワーリー男性と故郷の屋敷、2012ポンペイ州ピンゲラップ島で調査を行っています。島の限られた資源を利用・管理する方法は、その社会における家族や親族の構造と密接に結びついています。1970年代まで島は増え続ける人口に対し、土地保有システム(土地を利用し、継承・相続する組織)を進化させながら対応してきました。その後、多くの人々が島外に移住し、島の人口が減少する一方で、現在は島の境界を越えてコミュニティが広がっています。資源管理に焦点を当てて家族・親族・コミュニティの変容を明らかにします。3奄美・喜界島土地や海や祭りや結(ゆい)などの「地域資源」の維持管理・活用の方法について調査しています。
(期待される効果・応用分野)
グローバル化が進む中、人々の移動範囲が拡大しています。住民の移動によって伝統的な家族や親族、コミュニティを維持することが困難になり、変化を迫られる地域も増えています。しかし生まれた場所を離れることは、必ずしもつながりの喪失を意味しません。モノや情報や思いの交換によって関係が強まる場合もあります。地理的空間を超えたコミュニティのあり方を探求する本研究は、地域社会を存続・発展させる取組みへ応用することが可能です。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●南アジアの移住商人についての学際的研究プロジェクトを組織しています。●鹿児島大学島嶼研究センターが組織する奄美群島調査及び、ミクロネシアの島々の調査プロジェクトに参与しています。
(コーディネータから一言)
住民の移動とコミュニティのあり方を研究。住民が離れることで、存続困難な地域社会が増える中、境界を超えてコミュニティを維持する方法を探ります。空間を超えた地域力が人口減少の課題に取り組むヒントになります。
(研究分野)
南アジア 社会人類学
(キーワード)
社会人類学 ジェンダー 家族 親族 トランス・ローカル・コミュニティ

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 温暖化に対応した高品質亜熱帯果樹類の導入と栽培技術の確立

    温暖化に対応した高品質亜熱帯果樹類の導入と栽培技術の確立

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 地球温暖化が農業等の食糧生産、特に果樹生産に及ぼす影響が問題になっています。南九州におけるカンキツ類の生産では、春季の高温による落果の増加や結実の不安定、秋冬季の温暖化による着色不良や品質低下が顕著に発生しており、カンキツ類を主体とした九州地域の果樹産業の経営は悪化し、栽培面積は減少しています。こうした事態への対応策として、パッションフルーツ、アセロラ、パパイヤなど亜熱帯果樹類を導入することで南九州における果樹農業の発展を目指したいと考えています。 (主な内容) 地球温...

  • 日本とドイツにおける外国人・移民の比較研究

    日本とドイツにおける外国人・移民の比較研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) ドイツ留学時(19813年)、様々な国の出身者との寮生活がきっかけで、社会の多民族化・多文化化について考えるようになりました。その後の著しいグローバル化によって、日本にも多民族化の兆しが現われています。そのような時代、私たちは何を知り、どういう心構えを身に着けるべきなのでしょうか。国際的人口移動のグローバル化によって、社会とその構成員の意識はどのように変容し、またするべきなのでしょうか。ドイツと日本の外国人事情の比較を通じて考えます。 (主な内容) ドイツでは移民(第2...

  • 人口減少社会での小規模校をつなぐ遠隔教育の研究

    人口減少社会での小規模校をつなぐ遠隔教育の研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 島しょや山間部の多い鹿児島県では小中学校の複式学級割合が46%と全国一です。へき地の小規模校にとってタブレット端末やテレビ会議等を用いた遠隔授業は効果的と考えられますが、長期にわたり実施した成功事例は十分とは言えません。専門的知識や技能の伝達や他との交流機会が不足するなど,小規模校が抱える課題解決に向けた遠隔授業の活性化を図る必要があります.本研究は小規模校で日常的に遠隔授業を展開するために、ICT環境の整備や授業設計の在り方を明らかにします。 (主な内容) 1学校間の...

利用登録
する